スマホ版に切り替え

HOME -> 前立腺マッサージ体験談

少し女の子に責めてもらう事で気持ち良くなりたいと思っていたのですが、どのお店にしようか悩んでいました。 堺付近にあるお店でどこか良いところがないか探してみたのですが、その時に前立腺マッサージ体験談を見る事ができたのです。


よく見ていくとアナルの中に指を入れて気持ち良く刺激をされて、強烈な快感を感じた事などが書いてありました。 一度経験した方は何度も繰り返しお店で楽しんでいる事も分かり、僕もその気持ち良さを体感してみたいと思いました。


お店に直接電話をして、女の子にホテルまで来てもらう事にしました。 まず僕が先に着いていたのですが、そんなに時間を掛ける事なく女の子もすぐに来てくれたのです。 そして僕を裸にすると、マッサージからしてリラックスさせてくれました。 卑猥で女の子から聞かないような言葉を言ってくれたり、上半身リップをされてついにアナルの中に指が入ってきたのです。 長い時間刺激を受けていると、強烈で頭が真っ白になるような快感を感じました。

射精をする瞬間の快感は好きだったのですが、風俗店を見ていた時にそれ以上の快感がある事を知りました。 それまでは射精が一番気持ち良いと思っていたので信じられない気持ちだったのですが、前立腺マッサージ体験談を見ているとリアルにその快感を知る事ができたのです。


早く僕もこの射精以上の快感を、前立腺マッサージをしてもらって感じたいと思うようになりました。 そこで天王寺にある風俗店にお願いをして、本格的に気持ち良くなる事にしました。 電話番号もサイトに載っていたので、そこを見ながら予約をしてみたのです。


女の子はすぐに僕のところに来てくれて、体のマッサージのサービスから始めてくれました。 気持ち良すぎて、それだけでもペニスからは我慢汁が溢れていました。 そして言葉責めや乳首責めをしてくれたり、顔面騎乗もしてさらに刺激をしてくれたのです。 僕の体が解れたところでアナルに指を入れて、前立腺部分を刺激してきました。 エネマグラも使ってさらに刺激されると、かなりの快感を感じイキました。

日本橋に会社の都合で出張に行く機会があったのですが、夜はフリーな時間になり暇をしていました。 そのまま自分だけで時間を過ごしてしまうのはもったいないと感じるようになり、どこか風俗店で女の子と一緒に楽しい時間を送ろうと思いました。


そこで日本橋付近の風俗情報をチェックしていると、前立腺マッサージ体験談を見つけてしまいました。 そこには僕の未知のアナルでの快感について載っていて、とても興味が出てきてしまったのです。 女の子に僕も前立腺部分を刺激してほしいと思いました。


まずお店に電話を掛けて僕の泊まっているホテルを伝えると、女の子が部屋まで行ける事も教えてくれました。 そのままお願いをして、楽しみにしながら待っていたのです。 少し経つと女の子が来てくれて、丁寧なマッサージから始めてくれました。 いやらしい言葉を言ってきたり、顔面騎乗をして僕を興奮させてくれたのです。 アナルにはたっぷりのオイルを付けた指を入れて、少しずつ刺激されながら器具も入れられると気持ち良くイク事ができました。

少しずつマゾとして目覚めている人が必ずチェックしておくべきなのが、マゾにもぴったりな大阪の風俗店の前立腺マッサージ体験談です。 お尻を軽く叩きながら前立腺を刺激してくれたりと、マゾがどうしたら喜ぶのか女性側が分かっている事が、体験談を読んでいるだけで伝わってきます。


もっとお尻を強く叩いてほしいとリクエストをした際には、焦らしプレイなどを交えながらもしっかりとお尻を強く叩いてくれるのが最高です。 そんな体験談を読んでいるだけでマゾであれば興奮が高まってて、直ぐにでも大阪の風俗店を利用したくなってくるのではないでしょうか。


前立腺マッサージの快楽とお尻を叩く痛みの組み合わせというのは、想像以上に相性が良いというのもプレイを体験してみれば理解出来ます。 お尻を叩く振動が前立腺にまで伝わってくる事によって、予想していなかった快楽が突然に生まれてくるところも素晴らしいです。 女性側もそういう快楽を与えるテクニックを、しっかりと駆使する事を意識してくれています。

これは関西の大阪で前立腺を気持ち良くしてもらった前立腺マッサージ体験談であり、私はこのマッサージで肉体疲労の解消と性的快感を味わうことが出来ました。 マッサージを体験してみて男性にとって嬉しいプレイだということが分かりましたし、刺激的なプレイを楽しみたいのなら、このマッサージをチョイスするべきだと思います。


私はエッチな事が大好きな大阪の痴女にお願いをしたのですが、その時にエロティックなツボを刺激してもらってかなり満足出来ました。 前立腺マッサージにもしかしたら不安を抱く方がいるかもしれませんが、前立腺というナーバスな部位であっても不安は一切持つ必要はありません。


なぜなら大阪の痴女はプロフェッショナルであり、前立腺マッサージはかなりの凄腕だからです。 私は一度も前立腺マッサージを経験したことがありませんでしたが、痴女に全てを任せると、まずはフェザータッチで快感スポットを刺激してくました。 徐々に慣れると前立腺マッサージへと移行して、様々な変化をつけて私を楽しませてくれたのです。

前立腺マッサージ体験談を、たまたま風俗店情報を探している時に見つけました。 あまり聞きなれない用語だった為、前立腺はどこの部分の事を言うのだろう?という印象しかありませんでした。 しかしもっと詳しく調べてみる事にしたのです。


アナルの中にある部分でここを刺激する事でかなりの快感を感じ、射精以上に気持ち良くなれる事を知りました。 まるで女の子がイク時のような感覚でクリトリスにも近いような部分と分かり、僕もそんな気持ち良さを感じたいと思ったのです。


その為大阪の専門風俗店の中でも前立腺マッサージができるところに電話をし、女の子とホテルで待ち合わせをする事にしました。 女の子はそこまで時間をかけずに来てくれて、まず僕の体をマッサージしながら性感部分を刺激してきました。 この他にも体を密着させての上半身リップや聖水プレイなどもさせてくれて、射精もしてしまったのです。 そこからアナルの中に指やエネマグラを入れてもらい刺激を受けているうちに、強烈な快感と供に喘ぎイキました。

最近私自ら性処理をするばかりで、誰かに手伝ってもらうということがありませんでした。 そろそろ寂しくなってきましたし、風俗遊びをしようかと思ったことがきっかけだったのですが、先日会った女の子にとても気持ち良くしてもらうことが出来ました。 大阪での前立腺マッサージ体験談を紹介したいと思います。


住まいが大阪なのですが、自宅に近くのお店から遊びに来てくれるということなのでお願いをしました。 性処理を手伝ってほしいとお願いをすると、前立腺マッサージを行いますねと言われました。 どういったものか知らなかったのですが、通常女性がよく感じているオーガニズムを男性でも味わうことが出来るとのこと。


今までオーガニズムを感じるという体験もしたことがなかったのですが、女性はよく感じると言うのでどのようなものか興味はありました。 そして私は、体の中から何か出てくるのではないかといった感覚、あたたかくて気を失ってしまうのではないかと感じました。

52歳男性、お尻の穴にエネマグラという器具を挿入され前立腺マッサージをされた体験談です。 50の坂を越えて来ると勃起力も弱くなり射精するのが一苦労です。 射精のときの心拍数の増加は100メートルを全力ダッシュしたのと同じだそうで体に負担がかかり過ぎます。


性欲だけはまだ残っているので激しく射精するのではない別の快感を味わいたいと思ったのがM性感風俗を利用した理由です。 M性感風俗は男性が完全受け身で痴女の指示に従って施術を受けるだけで良いのが今の私に向いていると思います。 局部の方は元気がないのは仕方ないので今回はお尻を施術してもらいました。


痴女は慣れた手つきで初体験の私のお尻の穴をほぐしていきます。 綿棒、指、さらにエネマグラと順を追って入れられるとお尻の穴もスタンバイ可能になったようでいよいよ前立腺マッサージの始まりです。 最初は何も感じなかったのですが、次第次第に熱のような物を感じ、ドライオーガズムの一歩手前まで行きました。 次回はこの続きからと約束してプレイを終わりましたが、この次はきっとドライオーガズムまで行きたいと思います。

近頃、前立腺マッサージの快感に目覚める男性諸君が、大変増えているようです。 なお初めてコレを味わわれた皆さんの体験談に共通しているのが、これまで射精による快感で満足していた自分は、一体何だったのかといった感想のようです。


一般的に前立腺マッサージによって生じる快感というのはドライオーガズムと呼ばれ、女性が男性とのセックスの際に受けている快感と、大変似ていると言われています。 つまり前立腺を刺激するという行為は、男のままでありながら女性の快感をリアルに体感できるという、大変お得感のある行為という事になります。


言うまでもなく女性の皆さんは、男性が射精時に受けている快感というのは味わえません。 ですのでその日の気分によって、ペニスを刺激する事によって得られる射精による快感と、アナルの奥にある前立腺を刺激する事によって、女の子の快感も味わえる男性というのは、1つの快感しか味わえない女性よりも、オイシイ思いができている性なのかもしれません。

前立腺マッサージを体験してきました。 いやいや、噂には聞いていましたが、実際に体験するのと想像するのとでは雲泥の差がありました。 前立腺が何をするものかもしらずに、その前立腺をマッサージすると、物凄いことになるらしい位の知識で出かけました。 駅前のデパートの前から、電話をお店に入れて、女の子を静かに広場で待ちました。 30前半のきりっとした感じの女性がすぐにやってきてくれました。 そしてデパートの裏手のホテルに直行でした。 店舗を構えていないこと、また自宅に来てもらうわけにも行かないのでデートのようにして合流するのが大阪心斎橋&ナンバでの今の風俗やり方です。


普通のデリヘルの場合、派手目の素人の様な女性がくることが多いです。 ところが、今回は前立腺マッサージということでの派遣要請だったので、職人さんみたいな少し怖そうな、でも綺麗な人が来てくれました。 私の方が少し緊張してしまいました。


前立腺マッサージを受けて45分位たった頃に、何とも言えないドキドキ感が下半身をつつみました。 そしてその後すぐに今まで経験したことのない大きな快感を下半身全体に感じました。 射精とは異質の快感でした。 嬉しかったのは、その心地よさが長続きしたことでした。 これが私の前立腺マッサージ体験談でした。 少しはまりそうでした。

前立腺マッサージを受けてきました。 大体、どんなことをしてくれるのかということは知人から聞いていたので、覚悟はしていましたが肛門に異物を入れられるということは新鮮な驚きが有りました。 日常では、いわゆる医療行為で浣腸する場合に医薬品を挿入するときが有りますが、普通肛門を触られることはありません。 だから、びくっと成りましたし、最初は指をオイルをつかって挿入された時もあわてましたが、エネマグラという世にも奇妙な物を入れられ時は緊張しました。


ただ女性スタッフは慣れてもので世間話をしながら、こちらの緊張をほぐしてくれました。 女性スタッフの指示に従順に従うことで、めくるめく快感の世界に導いてもらえました。 私は3回目に、その禁断の快感を味わうことが出来ました。


エネマグラのわずかな振動が、下半身全体の振動と共鳴するようになって来たら、「いく」という状態の前触れになります。 そしてほどなく絶頂感が訪れるのです。 これは射精とは別種の快感と言いきれます。 早く知っておけばよかったと思う人もいるようです。

僕はドライオーガズムにとても興味があったんですが、ひとりではできないことだし、まさか嫁に「してほしい」などとは言えることでもなく、ただただ想像をたくましくしているだけでした。
しかし、それにも限界が来てしまって、とても緊張しながら女の子を呼ぶことにしたんです。
ドライオーガズムに達する方法は、前立腺マッサージです。
僕はアナルもはじめてだったので、たっぷりとローションをつけてもらって、女の子の指でなかをよくマッサージしてもらいました。
一体、何が、どうなっているか分かりません。
とにかく腰がうずき、自然と動いてしまうので手足の拘束をお願いしました。
「もうこれで動けないね」と耳元でささやかれたときは、それだけでどうにかなってしまうくらい興奮しています。
多分女の子の指だけで最後までいったのですが、噂通り、何度も絶頂が襲ってくるんですね。
悶絶です。
次はおもちゃなどを利用して責めてもらおうと、また想像しています。

初めての風俗店でのプレイは緊張するもので、私も大阪の風俗店で初めてお尻の穴に指を入れてもらう瞬間は緊張でガチガチに身体が固まってしまいました。
前立腺マッサージ体験談として語るには少し恥ずかしい経験でしたが、それぐらい緊張してしまった時でも女の子が緊張を解きほぐそうとしてくれるのが嬉しくて、その喜びを感じられただけでも緊張していて良かったかもしれません。
睾丸を撫でたりペニスを触ったりしながら、こちらをなだめてくれて緊張が解れてきた頃に、アナルに指をググッと入れてくる頃には緊張ではなく期待感で胸がいっぱいになり、前立腺マッサージが始まった時には、これが前立腺に対する刺激なのかと身体が震える気持ち良さを楽しめたんです。
ただ前立腺に指が触れただけでも気持ち良いのに、その部分をピンポイントで刺激してくるのは手慣れていて凄いと思います。
前立腺だけを触ってもらって絶頂する感覚は、まるで自分が女の子になった様な気持ちも楽しめて最高です。

 

ドライオーガズムやm性感・エネマグラなどについて、色々と調べていると、何だか奇妙なブログを発見!!そのブログに書いて有る事が、前立腺開発によるエネマグラとドライオーガズムの関係又は後遺症についてと言う、何処かの大学の論文の様な内容でした。

 

しかも、そのブログの書き込みには、医大生なのか医者なのか解らないが、非常に多くの医療・医学に精通する書き込みが多く、そして多くのツッコミや嘘との書き込みが目立っていました。それでは某大阪の方が運営するサイトでドライオーガズムの嘘と叩かれていた、書き込みを一部紹介致します。

 

エネマグラによる、前立腺マッサージの副作用と思われる、低血圧・体温ので、ただのこの方の思いすごしのようでした。しかし、実際長時間に及ぶエネマグラの挿低下の症状が現れると言う。そして、医師の診断を受けると平均的な正常値との事みたい入により、体温が一時的に低迷するのは体力を消耗している為、しょうがない事みたいです。

 

そんな、エネマグラと前立腺開発により、低血圧を謳ったサイトは案の定、大阪の一部のエネマグラ愛好家の方々にドライオーガズムの嘘をつくななどと叩かれ炎上!!サイトは消滅していました。

 

今後、エネマグラ初心者の方などは一度、経験豊富な痴女等に説明やレクチャーを受け、感覚を掴んでから、実際ご自身で試された方が良いかと思います。ネット上に情報は溢れていますが、全てが真実では無い事は事実です。実際、経験豊富な方や実際に体験された・させた事がある風俗の嬢などが一番すぐれた情報を持っているのかも知れません。

 

それでは、また詳しい情報が有りましたら、書きます。

毎度!まいどぉ~!と冒頭から大阪魂丸出しのなにわの商人だす!

わしは無類のホルモン好きなんやけど、ホルモンより好きなんが風俗や。大阪にはホルモンなら鶴橋!風俗ならキタかミナミ!と通なら答えるスポットがありまんねんで。で、こないだ行った飲み屋のマスターからドライオーガズムちゅ~プレイを堪能できる風俗があるて聞いて、わしビックリおったまげた。

 

詳しく聞いたら、みなはんがよ~しはる発射がピュー!でるのが、ウェットオーガズムで射精してへんのにイクのがドライオーガズムとか。そんなんありまんのかいな!て疑りましたけど、どうやらマスターは実際に経験したらしく、精子は出さないから何回でもイク事ができるとの事で余計興味がそそられました。

 

ただお尻に指やおもちゃを入れられるなんて聞くと、逆に引いてもうてそれはよろしいわ~!てその日は帰りましてん。せやけどその日以来そのドライオーガズムが気になって気なって(笑)自営している会社の事務所でパソコンで調べたり、営業廻りの車内でスマホで調べたりもう頭ん中ドライオーガズムでいっぱいになりまんねん。で居てもたっても居られなくなり遂に例のマスターに紹介してもらい、件の風俗店へ!!

 

普段の風俗では全く緊張せんわしがまるで借りてきた猫のようにベッドの端にチョコンと座っていると予約の時に、頼んだベテランさんが優しくリードしてくれ無事!ドライオーガズム!かと思いきや、前夜に飲みすぎたせいかイマイチ乗り切れず、断念。。。。。。

 

詳しくコンパニオンはんに聞くと、最初でドライオーガズムに成功する方は約3~4割との事。ただ通ううちに絶対に体験できるらしく、本当に普段の射精の何倍も気持ちいいとみなはん喜んで通い続けるとの事。よっしゃ!来週もホルモンで精付けて通いまっせ~!

 

毎日通勤時にそのお店の前を通ります。。。。。

夕方からオープンするらしく、朝はひっそりしているのに、
夜になると怪しげな雰囲気をこうこうと漂わせ、まるで〇キ〇リホイホイのように
サラリーマンやフリーター風・商店主風の様々な男達が引き寄せられ行きます。

そのお店とは『タイ式マッサージ』のお店です。
大阪に半年前に転勤になってからというもの、気になり先日やっと勇気を出して
行ってまいりました!

「タイ式」という位なのでタイ人の女性がプレイ(施術?)してくれるのかと思いきや、
受付も担当も思いっきり日本人でした(笑

)選んだのはオススメだという90分のコースで料金を支払うと
40代前半の小奇麗な藤田〇子似(最近某芸人と噂された有名元兄弟横綱の母)の方が
どうやら担当してくれるらしく、奥へ通されます。

その後、軽くシャワーを浴び、バスローブ姿になった私は施術用のベッドへ仰向けに
寝かされました。

ストレッチのような体制をさせられたり、かなりの力で身体全体に圧力を掛けられます。
時には声が出そうになる程痛いのですが、慣れてくると痛気持ちいい感覚になり
クセになりそうでした。

そしていよいよ鼠径部と呼ばれる脚の付け根あたりにマッサージがおよんでくると、
チン〇すれすれでドキドキします。

ここからがなんとも恥ずかしい格好をさせられる訳ですが、
赤ちゃんがオムツを変える時の様に脚をあげられ、
お尻のあたりを温かいローションで濡らします。

穴の辺りを揉み解したかと思えば、なんとゆっくり指を挿入されるではないですか!

思わず「あああっ!」と情けない声を出したかと思えば、
なんとは私は射精してしまったのです。。。。

彼女曰く、これは前立腺マッサージと言ってマッサージの1つらしいのですが、
なんともスケベなマッサージがあるものです・・・・。
回春性感マッサージ店で3回目で、ついにドライ達成しました!!

物凄いです、凄いなんてもんじゃない。世界の見え方が変わります。

中にはあまりの快感に中毒になり、人生持ち崩す人もいるらしく、
そうならないよう注意は必要ですが、この世に生まれたからには経験して
おいたほうが得だと思います。

射精の快感とは質が別なんです。快感っていうか、圧倒的な幸福感のほうに近い。

指サックつけて黄門様に入れられて、絶妙な強さで前立腺を
うにうにされ続けるわけですが、続けてもらううちに何故か涙が出てきます。
切なくて、息をするのも苦しいほど。

女の子的な感覚が理解出来るようになってきます。
不思議なことに、声を出すほどにどんどん気持ちよくなってくるんです。

続けるうちにだんだん自分と世界の境目がよくわからなくなってきます。
ああ、これが「溶ける」というヤツなのか
。世界との一体感。こんなの普通のオナニーで経験出来るわけない。

身体じゅうが震えはじめます。もうこのまま死ぬんじゃないかってくらい、
おぞましいほどの快感。

よくわかりませんが、宇宙に放り出されるような怖さと、
同時に深い安心感とが共存します。宇宙ヤバイ超ヤバイ。

最後にはもう呼吸不能になり、
頭の中で「!!」みたいな音?が聞こえ(うまく表現できない)、
ゴーールゴーールおめでとうみたいな感じです。

その後も快感というか余韻はしばらく続きます。

ちなみに3回目でドライ成功ははかなり早いらしく、
中には何年も続けても理解出来ない人がいるそうです。

3回目の時は4時間コースだったのもありますが、自分は才能あったみたい。
で、自分も中毒になりそうな怖さは正直、ありますw

なので自分でエネマグラ使ったりとかはせずに、
風俗だけの楽しみにとどめとこうかなーという感じです...今のところはw
○緊縛プレイはじゅ縛プレイとは違うのか

緊縛プレイ、ロープで縛られるプレイ。
私はずっと「じゅ縛」プレイと勘違いしていました。
「じゅ縛」は「呪縛」と書き、まじないなどの、心理的強制力によって
人の自由を束縛すること。
まあ、金縛りに近いか??

ロープのような物理的手段は使わないんですね。

で、「緊縛」は「きんばく」と読むらしいです。
「キンパク」ではありません、海苔巻のようになったからと言って、
食べられるわけではないです。

この向きは昔からあり、文学の世界では
SM官能小説 と分類されるらしいです。

そう、あの「団鬼六」の官能の世界です。

責めの対象を、縛り上げることにより性的興奮を覚えるもので、
しばられる方も、しばられることにより性的興奮を求めます。

しばる方、しばられる方、は別に男女で区分されていません。

重要なのは、しばり、しばられることにより、お互いに、性的興奮を得ることです。

しばられる方が性的興奮よりも、肉体的苦痛を強く感じては、プレイは不成功です。

また、しばる方の手抜き下限が強すぎると、責めての性的興奮が盛り上がらず、
これまた不成功です。

緊縛プレイにより、性的興奮を覚えだすと、脳内のシノプスがその様な回路を
作り上げ、さらに強い刺激を求めだすのも、人間の悲しい佐賀というものでしょうか。

緊縛プレイの高度化により、しばられる方が命を落とすパターンも、
団鬼六先生の作品の中に散見されます。

しばられる -> しばりを受ける -> 受縛 -> じゅ縛プレイ が成り立ちますね。

で、緊縛プレイのそのあとですが、すぐに性行為に移ろうとするのは素人段階、
玄人はそのまましばられてが苦悶しつつ、性的興奮を得ている様子を、観察し、
オーガズムに近い性的興奮を求める、らしいです。

これは、放置プレイですね。

で、正しい緊縛プレイの進め方は、
責めては、最初はやさしく、ずんずんきつく縛りを入れていき、
しばられての許容範囲ギリギリの線でしばりを暫くやめ、しばり手の性的興奮と、
しばられての性的興奮が持続するよううに暫く放置する、ということになります。

もっと詳しくは、映画「花と蛇」をどうぞ
このまえエステ型の風俗店であそんできたのですが、
そこで遊んだ女の子がめちゃくちゃ明るい子で楽しく過ごしました。
すごく積極的な子で望んでないのに

『前立腺マッサージしてみる?』

と聞いてきました。
それまでそんなことに興味すらもった事がなかったのですが、
その女の子にすでに僕もハマっていたので、無理はしないという約束で
試しがてらやってみることにしました。

ローションでアナルをマッサージしてもらったあと女の子の指が入ってくるのですが、
気持ちいいとは違う感覚でしばらくの我慢が続きました。
それでも楽しい女の子だったので彼女の言うままに続けてもらいました。

どうやら初めてで快感を得ることはめずらしいらしく、
経験を積んでいかなければならないみたいです。
その時は結構長時間やってもらっていたので、ふんわりと快感を得られるまでには
なりました。

もうその時点で遊んだ女の子は僕の先生といった感じになっていました(笑)

おもしろい事を聞いたのですが、最近は前立腺マッサージにハマっている人が
多いらしいのです。

信じられないような話ですが、僕が遊んだその女の子は前立腺マッサージに
慣れているひとならティンポにさわらなくてもアナルに指を突っ込んで
刺激しているだけで射精させることが出来ると言うのです。

『これからは前立腺マッサージの時代がくるよ。』

と言われて思わず吹き出してしまいましたが、
なんだかそれを聞いてから前立腺マッサージにものすごく興味がわいてきたのです。

家に帰ってから、動画検索とかしてみたらマジでありました、
ティンポにさわらずともイってしまっている動画が。

どんな時代がやってくるのかわかりませんが、
風俗の世界にも流行りの技っていうのがあるらしいですよ。

前立腺マッサージの楽しみ方や前立腺を覚えるきっかけは人それぞれ様々だと思う。

最初は怖いと思ってしなかった人や今でも怖いと思って抵抗がある方など、
アナル・前立腺は賛否両論分かれる所だと思う。

男性のアナルに指や玩具を挿入すると、最初は異物感により違和感を覚えるが、
前立腺に指や玩具が当たり慣れてくれば快感に変わる。

前立腺マッサージはアナルの周りから優しく刺激、
その後しっかりと性感を高めながらゆっくり前立腺を刺激してくれる事を言う。

一般的に間違えられる事が多いが前立腺責めとは少し違う。

責めは言葉の通り、SMプレイの際に激しく突かれる事を言う、
その内容が交わることでアナルマッサージ(前立腺マッサージ)に抵抗がある方が
多いのでは無いでしょうか?

男性にしか前立腺は存在しません。
男性だけの生殖器です。
そこで得れる快感は射精では味わえない感覚があります。

最近よく耳にするようになったドライオーガズムがまさにそれです。
射精をしなくても女性のように何回でも逝くことが出来て、
しかも男性がそれを経験すると気絶する程、
気持ち良く何回でも何回でも逝けるようです。

前立腺マッサージは医療行為でもあります。
インポテンツでお悩みの方も前立腺マッサージでの効果、向上がかなりの確率で
期待できます。

では病院に行くのは恥ずかしい、でも直したい方も居るでしょう。
体験は色々な場所や風俗店などで体験可能となります。

私もアナル初体験は風俗店でした。
M性感の痴女と言われる女性にアナルを開発されて前立腺の魅力を今でも
忘れる事が出来ません。

アナルを刺激されて性欲が日に日に高まりました。

気持ちの良いマッサージをしっかり経験されると
近い将来病みつきになってしまうかもわかりませんね。
風俗で遊ぶときにこだわりたいことはなんでしょうか?

女の子のかわいらしさはもちろん、女の子のタイプ、愛嬌の良さ、
このあたりは女の子に対するこだわりですね。

プレイが良ければすべて良しという方もいるのではないでしょうか。
キスがうまいだけで興奮する人もいるでしょうし、もちろんフェラや素股、
手コキにはこだわっていきたいところです。

僕のこだわっていきたいプレイは前立腺マッサージです。
前立腺マッサージというだけで抵抗を感じる人もいると思います。

いまではこだわりとまで言い切る自分もはじめて体験するまでは怖いとすら
思っていました。
食べ物でも食わず嫌いというものがありますが、食べてみればわかる。
体験してみればわかる。というものです。

ではなぜそんなに前立腺マッサージにこだわるのかといいますと、
それで感じる事のできる快感は連続性がすごいからなのです。

もし、そのテクニックが非常に上手な女の子に出会ったら延長料金を払ってでも
長時間プレイを楽しみたいと思っています。

フェチの部分にこだわることって非常に大切だと思っています。
彼女や嫁さんに言ったら怒られるかもしれませんが、下の口より上の口のほうが
好きだって方も多いと思います。
ただ僕の場合はそれが前立腺マッサージなのです。
ありとあらゆるプレイの中で前立腺マッサージこそが最強だと思っています。

男は一発抜いたら興奮も冷めてしまうのに対し、女は何回でもイケて終わったあとも
余韻を楽しんでいるような部分があり、女の方がいいなぁと感じたことがあります。

でも男にも何回もイクことが出来るのです。

そのプレイこそが前立腺マッサージです。自分でやっても気持ちいいのですが、
女の子にイカせてもらう方が何倍も気持ちいいです。

今日も最強の前立腺マッサージ師を探して夜の街へと繰り出します。
私は、大阪に住む独身の男だ、つい最近超刺激な経験をしたので話そうと思う。
前立腺マッサージとはその名の通り、
アナルの中の前立腺をゆっくりマッサージする事を言う。

以前からアナルだけは抵抗があった私は正直いつもチャンレンジしようと思っては
諦めていた。

しかしそんなある日、友人がM性感のお店で良いお店があると僕に教えてくれた。

大阪の日本橋にある痴女性感のお店だ、
「ドライオーガズム専門店でとにかくええで」との事だった。

その時、僕はドライオーガズムとはなんだ?と考えた、

索して調べてみるとオーガズムは女性の逝くに近い感覚で前立腺を刺激される事に
より、射精なしで男が逝ける感覚の事をいうらしい。

その快感は男性が今まで味わったことの無い刺激がカラダを襲い気絶をするぐらいの
衝撃の様です

。検索しながらますます僕の前立腺に対する想像、興味が膨らみます。

しかしながら前立腺は男性にしかない性感帯、一度は絶対味わいたいと思う気持ちは
不思議な事ではないと思い。

勇気を持ってM性感のお店にチャレンジする事に・・。

上記でお伝えしたお店に電話を掛けて何を思ったか僕は
「ドライオーガズム」を経験させて下さいと伝えました。

受付の方は非常に丁寧な声で言いました。
「必ずお楽しみは頂けます、アナル初心者の方も必ずご満足して頂けす。」と・・。

丁寧な口調に丁寧な返答に後押しされ、遂に決意をする事に待つほど5分で女性と対面、
綺麗な女性が僕の前に立ってます。
もちろん僕のアソコも既に勃起状態。

歩きながら胸を押し付けられエレベーターの中では乳首を弄られながら部屋に入るといきなりベットに押し倒されます。

卑猥な言葉責めで焦らされながら初めてのアナルを彼女にゆだねました。

これがM性感・・さすがにいきなりのドライオーガズムは経験出来ませんでしたが、
徐々に開拓して行こうと考える今日この頃です。
今回は前立腺マッサージを体験した男性の体験談の紹介です。
昔の彼女に開発され、今では前立線マッサージでしか感じない40代男性の体験談です。

僕が初めて前立腺マッサージを体験したのは30代の頃に付き合っていた彼女でした。
彼女は昔から男性にいたずらしたり、辱めたりするのが大好きで、
時には卑猥な言葉を連呼したり・・・

痴女でしたね、彼女は。

彼女と付き合って数回目のエッチをしようとした時にそのことを打ち明けられたんです。
僕はそれまで至ってノーマルなセックスしかしたことがなかったので、
驚きもあったんですが、最初はそんなに激しいことはしないだろう、
と思っていたらそれが大間違い!!

彼女の痴女度はどんどんエスカレートしていき、行き着いたのが
前立腺マッサージだったんです。

綿棒から始まり、次第に指、おもちゃと進化し、
今ではすっかりエネマグラ大好き人間に(笑)

ホント、気持ちいいんですよ、ドライオーガズム。
でも、射精とは違って何かが出るって事がないのでドライオーガズムがどんな感覚の
ものかわからなかったんです。

でも、少しづつ今までに体験した事のない感覚がして、
気づいたら声を出していたんです。

何度も何度も繰り返し絶頂が味わえるから、射精でイッてた時より満たされ感が
違うというか、比べ物にならないですね。

そんな僕を見て嬉しがってた彼女とは仕事が忙しくなった事が原因で
別れちゃったんですが、今でも感謝しているんです。

僕のアナルを開発してくれたことに。彼女と付き合っていなかったから、
今の僕はいなかったし、前立腺マッサージの気持ち良さも知らなかったと思うんです。

今は専門のお店もたくさんあるので、週末の風俗遊びが楽しみで・・
それが目的で全国を旅行してみたり・・・
でも、やっぱり彼女が欲しいというのが本音ですね(笑)
若くて綺麗なお姉さん系痴女が性感と指圧をミックスした新感覚のマッサージを
してくれるというお店の噂を聞いて行ってきました。

性感マッサージとはパウダーを使った全身マッサージにアナル刺激する
前立腺マッサージ、卑猥な言葉を耳元でささやかれる
言葉責めの三点がセットでないといけないはずです。

この三つのどれが抜けてもどれひとつ省いても性感マッサージとは呼べませんし
性感マスターの僕が呼びません(笑)。

女の子の細く綺麗な指先が触れるか触れないかの微妙なタッチ
(今、流行りのアダムタッチ)で全身の性感帯を刺激されながら同時に
ツボも指圧されエッチで卑猥な言葉で聴覚を壊しながらローション・パウダーを
使用してテコキをしながら絶頂へと導いてくれるのが性感です。

更に言うなら乳首なめも外せないですしTバックの顔面騎乗しながらの
テコキは最高です。

積極的なスキンシップで緊張をほぐされ既に火照った身体をソフトに愛撫してきます。

直接的でなくあくまでもソフトに自然に焦らしながら・・・
ここが大事なんです。

もちろん初心者の方でもちゃんと楽しめる内容になっているはずです。
心も体も癒されたいという方は最高です。

性感マッサージ未経験の方でも前立腺マッサージは絶対に受けるべきです。

元来、前立腺マッサージはエロ・性的快楽のためだけに
行われているわけではありません。もともとは医師が行う医療行為の1つだったことを
ご存じであろうか?

前立腺が炎症をおこしている場合、前立腺周辺に痛みが起こり、
排尿時にも痛みを感じることがあります。

その際に肛門から指を挿入し、前立腺を刺激して前立腺液を出させます。
その他にも前立腺が肥大することによって尿道を圧迫)がおきたときに
前立腺をマッサージすることで症状を和らげます。

前立腺は生殖機能にも関わる器官である影響か、刺激によって性的快楽を得ることが
でき、診療中に勃起する人も多かったようです。

そのような情報が伝わり性風俗店などで前立腺マッサージが取り入れられるように
なったのです。

少し話はそれましたが・・・
若くて綺麗なお姉さん系痴女が性感と指圧をミックスした新感覚のマッサージをしてくれるというお店の話でしたよね・・・と思ったのですが

余りにも性感について熱く語りすぎたせいでお時間が無くなってしまいました・・・
この続きはまたの機会に・・・


前立腺マッサージをされてからというもの、毎日アナル開発に没頭してしまい、
とりあえず快感が強そうなオナヌーをググりまくったあげく、
オナクール・チクニー・アナヌーが有力であることを発見するまでになりました。

前立腺マッサージとの出会いは、風俗店でなく、実は病院なんですよね...

結婚5年目の当時、なかなか子供ができず、
2年前に夫婦で不妊の検査を受けることにしました。

私も病院で精子の検査をしたのですが、その時のことを書きます。

家で精子を取ってくるか、それとも病院で取るか聞かれて、
一刻も早く結果が知りたいと思った私は、迷わず病院で取ることにしました。
容器をもって処置室に行くと、エロ本(らしき物)が何冊か置いてありました。

エロ本といっても大したものではなく、いくら見ながら触っても
全然大きくなってきませんでした。

突然ドアをノックして看護婦さんが入ってきました。

「取れましたか?」
「ダメみたいなんで、家で取ってきます」そう答えると、
「前立腺マッサージで前立腺を刺激してみましょうか?
そうするとすぐに射精できますよ」と・・。

私もさっきまでの「早く結果が知りたい・・」という気持ちから、
今度は「前立腺マッサージ・・・」という言葉に反応してしまい、
思わず「お願いします」と答えていました。

パンツを脱いだ状態で、ベッドの上に四つんばいになるように指示され、
言われたとおりの格好をすると、看護婦さんは、ゴムの手袋
(指サックみたいなのだったかな?)肛門に何かクリームのような物を塗ってきました。

それだけでペニスはだんだんムクムクと・・・。
その時「じゃぁ入れますね」の声と同時に、
ゆっくりと肛門に指を入れてきました。
その時のペニスは・・・見事に直立状態。

すると看護婦さんは、慣れた手つきでペニスをしごき始めました。
「出るときは言ってくださいね」そう言われたときはもうほとんど限界状態でした。

「出そうです!!!!」と言うと、看護婦さんはペニスの前に容器をあてがい、
射精した精子を受け止めました。

その瞬間はそれどころではなく全く気づきませんでしたが、
看護婦さんは、「はい、いいですよ」と何事もなかったように平然と言いながら、
ティッシュで手に付いた精液を拭いていました。

ごめんなさい!○○さん・・(ネームプレートに書いてあった看護婦さんの名前です)
しかし、前立腺マッサージって・・・効きますね~。

それからですね、アナルと前立腺を開発してしまったあまり日常が崩壊してしまい
今では、ドライオーガズムに特化した風俗店に通っております。