スマホ版に切り替え

HOME -> ドライオーガズムとは?

ドライオーガズムとは?と聞かれて、一体何の事だか分らないという人は少なくありません。 男性の場合性行為の時は射精する事を目的としている人も大勢います。 しかしそれ以外にも快感を得る事は可能です。 その一つがドライオーガズムです。


これは、前立腺を刺激することで得られる快感によって引き起こされる現象となっています。 最初は下半身がムズムズする感じがしたり、腰が引けてしまう事もあるかもしれません。 しかしそのまま刺激し続けると、ペニスの先から尿でもなく精液でもない液体が出てきます。 この時、男性はとても大きな快感を得ることができます。


とはいっても自分で前立腺を直接刺激する事は少々難しいかもしれません。 多くの人はお店に行って刺激してもらいます。 大阪にもドライオーガズムとは?という事を体感できるお店が沢山あるので、気になる人は一度行ってみてはいかがでしょうか。 きっと今まで体験した事がない感覚を味わう事が出来るでしょう。

現代でドライオーガズムを体験した人はそういないと思います。 しかしこのドライオーガズムを知らないと、これから先、損することは間違いないと実感しています。 ドライオーガズムとは? と疑問に思いどんなプレイなのか知りたい人もいるはずです。 簡単に言うと普通に性器を手コキ等で射精してプレイを終わらすよりも、ドライオーガズムの方は前立腺を刺激するため射精せずに昇天する事ができるので何回も昇天することができます。


ドライオーガズムが体験できる大阪のお店がオススメで、是非とも遊んでもらいたいお店です。 なんといっても女性の質がとても素晴らしくて、まさしく嬢にふさわしい女性が揃っています。 とてもエッチな事が好きで、男性の射精を見るのがとても好きな女性ばかりです。


そしてプレイ内容も寸止めのタイミングが絶妙で、寸止めをされると身体は痙攣してしまいます。 さらにフェラチオも技術は高いものがあり、プレイ始まってすぐに射精しそうになりました。 そんな最高のプレイを、みなさんにも体験してもらいたいと思いました。

ドライオーガズムとは?前立腺オナニーで得られる女性的なオーガズムのことです。 男性のイクは射精だけだと思われがちですが、実は前立腺という性感帯を刺激することでも達することができるのです。 そして、射精よりも何倍も気持ちいい快感を得られることで、近年になって多くの男性から注目を集めることとなりました。


方法としては、会陰部を抑えて前立腺を刺激したり、アナルから指を入れて腸壁から前立腺を刺激するパターンの二通りです。 一般的によく用いられて成功率が高いのは、アナルから指を入れるほうで、風俗店でのプレイもこちらになります。


ただ、アナルへの刺激に慣れていないと、緊張から前立腺を刺激しても気持ちよくなれない方もいるので、まずは軽いアナルマッサージから始めることをお勧めします。 また、できる限り前立腺マッサージを専門的に扱っている風俗店にいくべきです。 彼女たちはプロですから、効率よく気持ちよくなれる方法を知っています。

男性にとって快感とは射精により得られる快感を指す場合がほとんどですが、その射精よりも深く気持ちの良い快感がドライオーガズムです。 ドライオーガズムとは? と、初めてこの言葉を聞く方にとっては、どういった快感なのかさっぱりわからないものだと思います。


射精で得られる快感はウェットオーガズムと言われていて、その反対語であるドライの快感、すなわち射精をせずに得る快感のことをドライオーガズムと呼びます。 この快感は前立腺刺激により得られ、女性のオーガズムと近い快感といわれています。 しかも、射精をせずに得られるため、何度でも快感を得ることが出来、その快感を得る度に気持ちよさは増し、一番頂点に達したときには、男性でも大きくあえぎ声を漏らし、中には失神してしまう方もいるほどです。


エネマグラという専用の道具を利用することにより、一人でもドライオーガズムに達することは可能ですが、初めは前立腺の場所、そして刺激の強さなどを知るために、性感マッサージ、エステでプレイとして受けるのがおすすめです。 男性にとって究極の快感と呼ばれるドライオーガズムを体験してみたいという方は、一度是非お店でプレイを受けてみてはいかがでしょうか。

ドライオーガズムは最近注目を浴びている新しい風俗のメニューと言えるでしょう。 ウェットオーガズムとドライオーガズムとは真逆の関係にあります。 ウェットオーガズムが射精を伴って快感を得る形で有り、ドライオーガズムは射精を伴わないで快感を得る形を取ります。 だいたいオーガズムという言葉は、SEXの際に女性がいく状態をさしていました。 男性の快感は急速にきて急速に冷めてゆき、女性の快感はゆっくりやってきて、ゆっくりと冷めてゆきます。 その女性だけが味わうことができるオーガズムを男性でも体感できることと射精は伴わないので、ドライなオーガズムという意味を込めてこの言葉が生まれました。


もっとも最初はアメリカで前立腺の治療で、テンポ穏やかにマッサージを続けることが、その患者さんの下半身に大きな快感が生むことを見つけたことから始まりました。 経験者は「腰が抜けたような快感が何度もおとずれ、すぐには立ちあがることが出来ない」と口にします。


肛門から、前立腺の周辺のツボになるところを、根気良くマッサージすることで、体感することが出来ます。 ただ自分でその状態に持っていくのは難しいし、うまくいかなかったときに虚無感が残るので、手慣れたプロの手を借りるのが良いと言われています。

子供の頃からアナルに興味のある男の子はいました。 彼らは知らず知らずのうちにアナルの快感を知り、気持ちよさを実感していたのでしょう。 アナルに指などを入れることはかなりタブーな部類に入りますが、気持ちよいことを知ると、それが癖になります。 若い人たちを中心にアナルを開発するのが人気なのは、時代の変化もあるのでしょう。


SMから性感エステまで、今はいくつもの風俗サービスがあります。 専門家がお客をドライオーガズムに導いてくれるお店もあるので、それだけ多くの人がアナルの快感を欲しているのでしょう。 これに関しては人それぞれに意見がありますが、あらゆる面から見てディープで強い快感があるのは間違いありません。


ここだけの話、男は射精よりもドライのほうが強い快感を感じます。 それは、アナルの快感を知っている人のほうが、男として生まれてきて得なことを意味するわけです。 知っているのと知らないので、性生活は雲泥の差が出てきます。

風俗通いを始めてもう5年になるんだけど、そろそろ新しい刺激が欲しくなってきました。 そんなとき、ドライオーガズムというものの情報を耳にしまして、これが普通にイク射精、ウェットオーガズムの比じゃないくらい気持ちいいらしいんですよ。


方法としては、アナルの中にある前立腺を刺激するマッサージで、なんか名前や方法だけ聞くと医学的な印象ですけど、ペニスに触れることなく、女性のイク状態を体験できるようなので興味があるんです。 エッチで激しくイケる女性って羨ましくなることってありますよね。 頭の中が真っ白になってしまうあの快感は正直ズルイとさえ思うことがあります。


ドライオーガズムを体験するには風俗に行くのが一番手っ取り早い方法です。 ただ、やっぱり上手な女の子がいるお店を選んだほうがいいかな。 こっちもいくらか前立腺マッサージに慣れる必要があるようだけど、女の子のテクも必要という話ですし、まずはネットでしっかり調べてからのほうがいいかもしれませんね。

ドライオーガズムというものをご存知でしょうか?
一般的な男性性器への刺激で得られる射精を伴う絶頂ではなく、性器に触れず射精を伴わずに得られる絶頂感を射精なし=ドライということでドライオーガズムと呼ぶそうです。
その絶頂感は射精の何倍もの快感であり、女性がイク状態と同じで持続時間が長く、何度も感じることも出来るのだそうです。
ではその快感を得るための方法とは一体どんなものがあるのでしょう。
一般的によく行われる方法は前立腺マッサージです。
女性が初体験から性体験を積み重ねていくことでイケるようになるのと同じで、男性も前立腺への刺激を繰り返し受けることで、まず前立腺の場所を意識できるようになります。
そうすると段々と前立腺を刺激されている感覚が分かるようになります。
ここで注意したいのは慣れるまでちょっとした不快感を感じるかもしれませんが、それに慣れる事です。
20~30分刺激に耐えたら、乳首や亀頭に刺激を与えてみてください。
刺激が前立腺へと伝わる感じがしてきます。
そうしたら、心身ともにリラックスして快感に身を任せましょう。
女の子になって攻められているつもりになってみましょう。
きっと絶頂に達することができますよ。

前立腺マッサージという言葉を聞いたことはありますか? 前立腺という言葉ぐらいは耳にしたことがあるという方が多いのではないでしょうか?

天皇陛下も患った前立腺肥大という病気や、前立腺ガンなどが有名で前立腺という器官はなんとなくお尻付近であることは分かるのですが、胃腸などのようにどのような働きをして、どのような症状なのか?分からないことが多い謎の器官であると私は思っています。

お尻に指を入れて前立腺を刺激すると気持ちが良いらしい。そんな噂を聞いたのは30歳を超えたあたりで、風俗に足繁く通う同僚から聞いた記憶があった。 その時は、「お尻に指を入れるなんてこいつまさかゲイ?」と驚き、同僚とは付かず離れずの関係で居ようと心に決めた。

ただ、それは全て誤解であり、お尻遊びが好きだからと言って全ての方が男色嗜好ではなく、純粋にお尻遊びが好きな男性の方が遥かに多い。

そんな話しを聞いてから、もう記憶にも残っていない程時間が経過した時、1人で男性が受け身になるという風俗店に行くことにし、特に期待もなく今日は責めるのが面倒から一方的に責められ射精したい。ただそれだけの気持ちで風俗店に足を向けた。

嬢と対面した瞬間、「責めたい。エッチしたい!」と、お店に行く前とは心境が180度変わってしまうぐらい、雑誌の表紙を飾るようなモデルが現れ、男の本能を掻きたたされ、その嬢に思わず、「エッチさせてくれへん?ダメならクンニさせて!お願い!」 今思えば情けない場面で、しかも初M性感であったためKY発言を連発してしまった。 それに対して嬢は「ん?入れたいの?舐めたいの?じゃあ、言うこと聞いてくれたらね♪」

私のボルテージはもちろんMAXになりこれまた情けない話しですが、犬のように言うことを聞き全てを受け入れる準備体制となりました。

その時、嬢から衝撃の一言が。 「入れるのも気持ちが良いけど入れられるのはどうかな?」 ちょっと待て!それは聞いていない。 頭をよぎるのは同僚の顔と、空想の世界にいるマッチョなゲイ。

上島竜平並みにキレてみるも手慣れた感覚で動きを封じ込められる。

その嬢は実は、大阪では有名なドライオーガズムの神様で、私がアナルを捧げたそのお店はアナル研究所と呼ばれるほど前立腺に特化したプレイを行うお店だということに後から気付いた。

初体験はというと・・・とても良かった・・・思い出すだけでお尻がうずきます。


数あるHOW TOはあれど、私の中であれほどの衝撃を受けたHOW TOは初めてです。それは何かって?お耳にされた方もいらっしゃるかと思いますが「ドライオーガズム」のHOW TOを経験したのです。ドライオーガズムとは男性における射精を伴わない性的興奮の絶頂のことを言うらしく、これに対して従来の射精を伴うオーガズムを「ウェットオーガズム」ということもあるとの事。
興味を持った私は週刊誌でそのプレイ?の存在を知り、早速インターネットで調べることに。すぐに大阪に体験出来るデリバリー型の風俗がある事を発見し、電車で向かいました。指定のホテルがあるようで言われるままチェックインしてTEL。

注意点として女性の受け身等は一切なく(キス・フェラや本来のヘルスにあるプレイはないとの事)女性はドライオーガズムをHOW TOするティーチャーとの説明。

程なく鈴木〇香似の30代の女性が現れ、ここまでの経緯を話すと、10人中10人が成功する訳ではなく、人によっては何度かチャレンジする内に初めてそのドライオーガズムを経験出来るとの事。

今回は彼女の提案でエネマグラとやらの器具を使う事に。独特な形をしたその器具は本来、前立腺マッサージを行うことにより、中にたまった古い前立腺液を絞り出す為に開発された、れっきとした医療器具らしい。少々不安もあるがココまで来たら経験するしかない!全てを彼女に任せ、ベッドに寝かされる。。。

慣れた手付きでアナル周辺を揉み解され、程良い所で例のエネマグラの登場です。
すでにローションで潤い、まるで女性器のようにヒクヒクと開口したアナルになんの抵抗もなくエネマグラは挿入されて行きます・・・。

少し違和感は感じますが彼女に言われるまま、じっと我慢です。その間軽く乳首を摘ままれたり、サワサワと股間が弄られながら時間が経過してゆきます。。。。

すると徐々にゆっくりと押し寄せてくる快感が!エネちゃんの挿入されたアナルの周りの筋肉が収縮を始めたかと思うとガクガクガク!身体が痙攣し、口からは自然に喘ぎ声が・・・・。

その後は射精はしていないのに今まで経験した事のない快感が何度も何度もやってきました。ドライオーガズム恐るべし!
ネット上ではドライオーガズムを感じるためのエネマグラ使用の際の注意があるようです。ドライオーガズムを感じる為には尿意を我慢しなければいけないようですね。

大阪のドライオーガズムの師匠から聞いた話によると「確かに尿意は感じるよ。けど我慢すれば潮吹きも同時に体験出来るし、それはそれでアリなんちゃう?」と答えが返ってきました。僕はまだドライーガズムを経験した事はないけれど、師匠が言っているなら間違いはありません。

ついでに潮吹きまで体験出来るなら大いに尿意を感じてみようではないかと。師匠からプレゼントされたエネマグラを使用し、自分でも体験出来るかやってみた。

ぐ、ぐぐ・・。は、入らねぇ・・。こんなイチモツ入る訳ねえよ・・。

僕はエネマグラを甘くみていたようで、自分のお尻に入れてみようと試みたが怖くて断念。早速師匠に電話して使用方法を教えてもらいました。「お前アホか、エネマグラにローションなしとか自殺行為やぞ!」師匠からの一言はズシリと心に響きます。

電話越しには下半身丸出しでエネマグラを握りしめている僕がいるのに師匠は一から十まで丁寧に教えてくれます。そして師匠の助言通りローションをアナルにたっぷりとつけエネマグラ挿入!!

あれ!?スッポリ入ったよ!?さすが師匠!ありがとう!!エネマグラは僕のお尻にのみ込まれていきました!

しかし、待てども待てども尿意は感じません。それどころかエネマグラを挿入して時間が経過しすぎたのか今度は抜けなくなってしまいました。ドライオーガズムどころか救急搬送される恐れが目の前に迫っています!師匠にその状況を電話するとスグに駆けつけてくれて僕のお尻を救出してくれました。

師匠!惚れてまうやろ~!!  終り・・。
ドライオーガズムのやり方を調べているとなぜか大阪という地名がやたら出てくるので、これは一体なぜなのか?というのを詳しく検証してみた。

まず私がなぜドライオーガズムのやり方を調べていたかというと、ドライオーガズムは男性のみが体験出来る性的快感であり、その快感度数は女性のオーガズムを超えるとも言われているらしい。

女性のオーガズムの快感は男性の数倍気持ちいいとも言われ、さらに一度絶頂に達すると何回でも同じ快感の波が押し寄せると言われるほど、強烈な快感を味わえるらしい。

これを男性が同じように感じる事が出来るのがドライオーガズムという名前で認知されているようだ。ネットで色々と調べ、狂ったようにドライオーガズムのやり方を検索していると、大阪にはたくさんの店がドライオーガズムを経験出来る!というような事が書いてあった。

実際のところどうなんだろう?こんなの嘘ばっかりだろ?なんて思っていたのですが、やはり女性のオーガズムと同じ快感を味わってみたいという欲求が勝っていたので、とあるお店に行くことに決めたのです。

私が選んだお店はアナル刺激に特化したサービスのお店。
ドライオーガズムのやり方はまず前立腺の刺激が必要になってくるようだ。実際アナルに今まで入れたものと言えば座薬ぐらいなのだが、その時は苦痛でしかなかったが、本当にアナルの刺激だけでドライオーガズムを味わう事が出来るのかはその時は半信半疑いや、ほぼ懐疑的であった。

しかも前立腺刺激なんて怖くてとてもとても・・といった感じではあったが、実際にプレイを受けてみて私の考えは変わりました。

ドライオーガズムのやり方を調べている方はぜひ大阪へ足を運ぶと良いでしょう。
きっと未知の快感があなたを待っているはずです。

最近、AVの作品でちょっと気になる・・・タイトル!? ジャンル!? カテゴリー!?
どちらに分類されるかはさて置き・・・!!

今、AVの作品で非常に多くの「ドライオーガズム」とタイトルに付く作品が多い気がする!!
私が、このキーワードワードに興味が有るからこそ、敏感に反応してしまうのかも知れないが、近年急激にAV作品で表現されだしたと私は思っている。

そんな、「ドライオーガズム」なるモノに、非常に興味が有る私ですが!実際まだ一度も「ドライオーガズム」を体験していない。では・・・ドライオーガズムとは何なの!?
と思って頂けた方へ、超簡単に御説明させて頂きます。

一言で言うと!!
「普段の射精の何倍も気持ちいいと言われる、超感覚のエクスタシーみたいです!!」
こんな事が、ドライオーガズム等と検索するとヒットするのだ。男性なら是非とも味わってみたいでは有りませんか・・・!?

そこで、ネット検索などで得た情報を基に、大阪で噂の凄腕女性へ会いに行く事にしました。その女性は大阪のm性感風俗店に在籍する女性で、数多くのドライオーガズム希望者を境地へ誘ってくれるやり方や術を熟知した、凄腕の女性らしい!!

そんな、ドライオーガズムの凄腕女性が大阪に居るとの噂がネット上などで広がり、東京のAVメーカーが彼女主演でドライオーガズムへ誘うやり方を盛り込んだAV作品をリリースするほど!!
そんな凄腕女性なら、私の望みを叶えてくれると信じ、凄腕女性が在籍する大阪のm性感風俗店へ行ってまいりました。

結果は・・・!?
さすがは噂の凄腕女性、初めてのドライオーガズムを体感させて頂きました。彼女が私に施したドライオーガズムへ誘うやり方の詳細などはまじかで観ていた訳ではない為、体感した感じで説明すると。

手コキで亀頭を責め、それと同時にアナル(前立腺)も責め刺激をあたえる!!
すると、射精をしていないのに射精後の感覚へ陥るのだ・・・!?
非常に不思議な感じでは有るが、私の場合22分程でドライの感覚になりました。噂以上の凄腕テクニックに脱帽です!!
ドライオーガズムまでの誘い方が、私は非常にうまいと思いました。
雰囲気作りやリラックスをさせる為の言葉責めの方法なども非常に気持ち良かった。
アナルや亀頭責め等のテクニックは実際彼女に会い体感して頂きたい。

一言で言わせて頂くと!!
「普通じゃないです」これは実際体感しないと意味が解らないと思います!!
大阪でドライオーガズムを希望される方は、彼女が出演し方法や、やり方・テクニックを披露しているAV作品を観てみては如何でしょうか。

色んな事がネット上では書き尽くされているので、ここはひとつヤフー知恵袋さんに知恵を借りる事にしてみました。

 

早速、ヤフー知恵袋にアクセス!

検索タグはストレートに「ドライオーガズム」と入れてみましょう(^^)

 

出てきました。検索結果・・738件。

恐るべしヤフー知恵袋・・。ドライオーガズムまでカバーしているとは恐れ入りました。

 

質問している内容は実に様々です。

中2の男子(!)からの質問やドライオーガズム歴15年のベテランアナニストによる見解。または単純にドライオーガズムってどんなん?などなど、皆さん興味が半端ない感じでビックリです。

 

どの質問もたいていは「ドライオーガズム」を経験してみたい!という内容ばかりで、ちょっと心の中でググレカス!と言いそうになってしまいましたが、ひとつ目についた質問で興味深い内容があったので詳しく見てみました。

 

ちなみに解決済みでした(^^)質問の内容はというと

 

「子供の頃に腹筋をしていると、もう無理って回数のところで股間からビリビリって痺れるような感覚になったのですが、これがドライオーガズムなんでしょうか?」

 

・・・・・。

 

・・・・・。

 

・・・もうね。アホかと。なんちゅう質問をしとるんやと、しかもネットで全世界発信ですよ・・・。

 

しかし、こんな質問にもご丁寧に答えてくれるアナニストがいるもんで、ベストアンサーには

 

「今現在の年齢は分かりませんがドライオーガズムを感じたいならばアナルオナニーをしてみましょう」

 

え?

 

これがベストアンサーですか?

 

身も蓋も無いじゃないっすか・・。ただ単にアナルオナニーを推奨してるだけじゃないっすか!!

 

僕が一生懸命ドライオーガズムについて調べてた時間返して!ホントに!

男なら誰しもが興味を持っているかと思いますが、
ドライオーガズムって経験したことあります?

私は、ドライオーガズムを経験してからというもの、普通の射精より気持ち良いので
癖になって、今でも、ドライを思い出すたびに前立腺あたりがうずいてしまいます。

どんな感じかと例えると、ドライは、気持ち良い時間が長く続き、何度でもイケるので、女の子のイク感じと似ているような気がします。

女の子って、何度でもイケて長く続ければ続けるほど階段式に気持ち良くなっていくって良く聞きますが、まさにそんな感じだと、実感しています。

どうしたら男も射精よりも気持ち良いドライオーガズムが経験できるかというと、私は、自分でするときは、エネマグラを使い何度も絶頂を味わっています。

使い方は、アナルからエネマグラを挿入して腰辺りの筋肉をクイクイと力入れたり
抜いたりを繰り返し、前立腺に刺激をし続け、ドライオーガズムに達することが
できるのですが、初めてドライオーガズムを経験したいと思っている人には、
いきなりのエネマグラでは快感を得ることは難しいと思います。

ドライの経験もなく、初めてでは自分の前立腺のポイントや刺激のやり方や
強さ加減など難しいので、まずは経験ある人にしてもらうのが、ドライオーガズムを
味わえる一番の近道だと思います。

私も、初めてドライオーガズムを知ることができたのは、風俗嬢なんです。
男の気持良い場所と前立腺を良く知りつくしている風俗嬢にる指の刺激を何度か
経験していくうちに、ドライを味わえるようにないました。

今では、簡単に自分でドライオーガズムに気持ちをもっていく事ができるので、
すぐに絶頂が何度も繰り返すことが可能になりました。

初めてだとアナルに抵抗があると思いますが、普通に射精して出してしまうより、
数倍気持ち良いのが続くので、まだ知らないのなら是非みなさんにもドライを
経験してほしいです。

一度ドライオーガズムを知ってしまえば、もう簡単に自分でドライオーガズムに
気持を持っていけるようになるので、何度でも絶頂を味わえる操作ができるように
なります。

まずは、男の気持ちよい場所を熟知している、風俗嬢に前立腺の開花してもらい、
ドライオーガズムを知ってください。
普通に射精しているだけでは、もったいないですよ。
最近M性感にハマってます。我ながらちょっと怖い位にハマっていて、最近では自分でもどうにか前立腺マッサージでドライオーガズムが体験出来ないものかとネット等で調べつつ四苦八苦している有様です。

『エネマグラ』って言うんですか?あのお尻の中に入れて前立腺を刺激する器具があるんですけど、アレって最近では日本人向けのサイズや形が出ているみたいなんですけどちょっと前までは輸入物しか無くって、日本人には余りしっくりくる物が無かったんですよね...。折角準備万端にしてお尻に入れてみても全然良いところに当たらないと、意味が無いですし。

そうやって自分でアナルを刺激しているとどうしても前も弄りたくなるし、そうすると今度は後ろへの刺激がおろそかになるしで結局どっちの刺激にも集中しきれなくなるという悪循環に陥ってしまう事があります。それなら素直に風俗に行って綺麗なお姉さんに気の済むまでアナルを刺激して貰いたいと思ってしまいますよね?

それにm性感のお店には時々「ドライなら私に任せて!」って位のテクニシャンの女性が居るので、私は特にそういう女性を狙ってお店を選びます。ただ残念な事に私がドライオーガズムに達する事が出来たのはたった一度きりでしたが...。

どうもドライオーガズムへ至るには前立腺への刺激そのものも大事ですが、気分的・体調的な物も大きく関係しているように思えます。全く同じシチュエーションで、同じ女の子にアナルを刺激して貰っていても、気持ち良すぎて恥ずかしくらい声を出してしまう時もあれば、全然気持ちよさも感じずに終わってしまう事もあります。何がどう違うのか?と言われれば私にもそれは分からないのですが、確実に言えるのは必ずしも全員が全員百%毎回気持ち良くなれるとは限らないという事でしょうか。

その中でも初めから凄く気持いい人も居れば、徐々に気持ちよさが分かってくる人も居ます。前立腺の快感は本当に人それぞれなのです。だからこそ、一度や二度気持ちよくなれなかったからと諦めるのは勿体無い!

たった一度でもあの素晴らしい快感を味わったら、誰だってまたチャレンジしたくなります...この私のように。ドライの快感は諦めない人間にしか味わえない特権なんです(笑)
風俗店って日本中に相当な数がありますけど、その殆どがヘルスプレイですよね?
でもヘルスプレイってつまらなく思うのは私だけでしょうか?
だって、お金払って女の子責めて、最後はフェラで抜かれて同じパターンばかり。
下手すれば、責めても濡れない子や顎が痛いだの文句言いながらフェラ途中で辞めて手コキにされたりとか経験ないですか?

最近では即プレイ専門店等も増えてますが、これも結局は責めるのだけが楽しみで、責める事しか興奮しないなんて人にはいいかもしれませんが。。。

しかし、SMはさすがに怖いし、性感エステ等のお店もあるようなのですが、あまり興味が惹かれなかったんです。そんな時、あるお店が目につきました。それが、M性感のお店です。

お店の内容を読んでみると興味深い事ばかり。
男の潮吹き・ドライオーガズム等あまり聞きなれない言葉や非日常・受身・何もしなくても気持ち良いなどの言葉に興味津々になってしまい、まずは男の潮吹きをググってみました。

とにかく、潮吹き=女性というイメージを崩され、軽いカルチャーショック受けましたよ。
男が潮を吹くというのが余りにも意外というか、そんな事考えた事もなかったですしね。
だからこそ、経験してみたくなってしまったんです。

もちろん、その先にあるのがドライオーガズムなるもの。射精の100倍気持ちいいと書いているお店もありました。
もう、こうなってくると経験してみたいという願望ではなくて経験しなくてはいけないという使命感に変わっていましたね(笑)

そして選んだお店は大阪にある男の潮吹き・ドライオーガズム専門店大阪痴女性感フェチ倶楽部!!選んだ理由はタイプの女性がいたからという単純理由でしたが、これが見事HIT!!2度目に利用した時には無事男の潮吹きも経験し、ドライオーガズムは多分これだろうなという感覚も味わいスッカリお店の常連となってしまっています。
女性は、常々ズルイと思っている。
それは、セックスの快楽が何倍も男性よりも高いからである。

ものの本によれば、100倍以上の快楽を得るとの事である。
そんな不公平なことってあるのだろうか、男女は平等に創られていないのだろうか?

それは、生物としておかしなことでは、ないだろうか?
どんな女性とことをいたしても、心のどこかでは、嘲笑っているの委ではないかと思う。
男性は、そういった蔑まされた性を生きなければならないのか?
しかし、神は、人を平等に創っていたのだった。

それは、男性に前立腺というものを授けていたのでる。
いろんな宗教、学問で人の平等をといているが、男性の性の平等は、
この前立腺があることが全てである。

先程、100倍と言ったが、足りなかった残りの99を補うのに十分である。
そこでは、自分は前立腺を刺激して、ドライオーガズムを得ようといろいろと
チャレンジをしてみた。

性の平等を勝ちとる為に。

まず、自分の指入れてみた。やはり自分の指といった感覚がどうしても、
残ってしまう。

ドライオーガズムには、まだまだ遠い感じである
そして、次に、アナルパールというパールが棒状になった道具を使ってみた。

かなりイイ感じになるのだが、いまいち自分で、動かすのについつい手加減してしまう。

まだまだ遠い感じである。そして、エネマグラをつかって見る事に。
この道具は、それ専用につくってあるだけあって期待をしてしまう。

入れみた、ちょっと気持ち良かったが、なんか入れている自分の姿がカッコ悪すぎる。
性の平等以前の問題である。

これらを試してみて思う事は、第三者の協力が必要なことである。自分の意志とは関係ない力が必要なのである。

そこで、最後の望みを託して、大阪痴女フェチ倶楽部なるところに行ってみようと思う。
ずべては、ドライオーガズムにより性の平等の為にである。 ドライオーガズムと聞くと皆さんは何を想像するのでしょうか?
本当にそんな事あるのか?など少し懐疑的になってしまったり。
男性でもそんなイク事ができるのかなんて考えてしまうと思います。

しかし追求しくつされた内容があるお店では今までに体験もした事のないような
極上の快楽を味わえる事間違いありません。
そして大阪にある痴女性感フェチのお店こそ僕が求めていた全てを叶えてくれる
お店だったんです。

男の潮吹きや、前立腺を刺激する事によるドライオーガズムによって
通常の射精の100倍以上の快感を得れると言われている快感は生きている中で
中々出会う事がないのではないでしょうか?
一度きりの人生を大いに楽しむ為に扉を開けて下さい。そして極上の快楽へと。

大阪にある痴女性感フェチのお店は普通では体感できない数々の秘密が
隠されているんです。

まさに秘宝と言っても過言ではないものが。
そんな僕がなぜこのお店を選んだかと言うと、
ホームページの作りや初心者でもわかるしっかりとした内容に
嘘いつわりのない広告。
しっかり見極める事ができました。
遊ぶ時のドキドキ感や緊張感ほんのちょっぴりの恥ずかしさ。
この羞恥心こそが全てを放出する原点になるんです。

大切なお金を使って遊ぶ時いろんな欲望とは裏腹に不安がつきまとうものです。

それを吹き飛ばすのも間違いなくお店の誠実な姿は全てにおいて
最高のおもてなしを提供してくれるんです。

星の数程あるお店の中から自分に見合うお店を見つける事は非常に重要です。

至福の時を演出してくれるお店を探すのは至難の業ですが
私の見つけたお店は絶対的信頼がおける超優良店です。
心に響く快楽を心ゆくまで味わって頂きたいと思います。 我ながら自慢のできる師匠だった。生まれながらにドライオーガズムを自由自在に操り、自らのタイミングで感じる事ができるのだから・・・

私が弟子入りした時、すでに師匠はかなりの高齢だったが、まだまだその技術は高いもので、我が里にもその伝説は広く伝えられている。
私はその噂を聞きつけて一人弟子入りを希望したのが師匠との最初の出会いだった。

入門してからまずは掃除や雑用などをさせられる毎日。体力も限界まで達してもまだ前立腺なんて教えてくれず、悔しい限りだった。
他の弟子達も私より未熟者だったのでやっとドライオーガズムとは?という所しか教えてもらってない次第。このまま私達はドライオーガズムを体験出来ぬまま終わってしまうのか?
そんな疑問も何人か持ち始めていた・・・そして三年の時が経ち、やっとその時が訪れた。まずは指の使い方から始めるのだが、その辺はもう私はすでに日々の鍛錬のおかげでマスター済みだったので容易かったが、どうしても自らの指で前立腺を刺激する事なんて考えられなかった。

見るに見かねた師匠は私にとある器具を渡してくれた。これは自分でその器具を手に持ち、自ら挿入するだけで前立腺を刺激してくれるものだった。
ま、まさか師匠はこの器具を使って自ら経験したのか?まさにこれは選ばれし者のみに授けられる器具らしい。私の努力は無駄ではなかったのだ。私はさっそくその器具を使用してみた。するとなんとも言えないほどの快感ではないか!!これを使えばドライオーガズムなど恐れる事もなかろう。

私はそう思っていました。師匠はこんなものを独り占めしていたとは。なんとなく私は思った。確かにこの器具で前立腺を刺激しつつ、ドライオーガズムを体験できるのなら独り占めしたくなる気持ちは分かると・・・
私はエネマグラを持っています。射精を伴わず何回でもイケるドライオーガズムに
魅力を感じ購入したんです。
しかし、まだドライ達成できていません。焦ってはいないですし、前立腺の感覚や乳首の
感覚を楽しんでゆっくりやってます。
でもドライに達しないことにさすがに悔しさを感じています。
最近は前立腺の感覚自体をつかめずに終わってしまうことすらあります。
直腸洗浄、アナルへ大目のローション注入、エロDVDで気分の誘発、完全に閉鎖された
プライバシーバッチリな環境で試しているのですがダメです。

エネマグラを挿入する際には全体にローションを塗り、アナルにも塗っています。
オナ禁もしています。
ただエネマグラを挿入して締め付け始めると、まったく勃起しなくなくなります。
普段エロDVDを見ている時はビンビンに立っているんですけどね。
エネマグラの時はフニャフニャでカウパー汁(だと思いますが)だけが出る始末です。
それと、挿入して締め付けに入るとどうしても尿意が頻繁に起こってトイレへ駆け込みます。先にまとめて出したつもりでもエネマグラで締め付けるとすぐに行きたくなります。
頻繁に尿意が来るので我慢すると尿意に気を取られてまったく集中できなくなっちゃいます。
限界を感じた私はm性感店のプロにお任せすることにしました。
結果を先に言うとドライオーガズムを達成することができたのです!
痴女にゆっくり性感帯を探られ、卑猥な淫語で言葉攻め、寸止めや亀頭責めで悶々とさせられ待ちに待った前立腺マッサージへ。

勉強の為に指ではなくエネマグラを使用してもらいました。
自分でやってた時と違って尿意もさほど感じずドライ達成できたのです。
私に足りなかったもの、それは痴女だったのです。
最近大阪の友人が、「ドライオーガズム最高!」と僕に言ってきました。

まず、ドライオーガズムって何?から始まったのですが・・
友人は、「しらんのかい!」とすかさず突っ込みを入れてきました。しかし僕には何の事だかさっぱり解りません・・・

ドライ・・乾いた感じの絶頂?
言葉の単語の雰囲気で、そんな風に答えた僕を、友人は変ににやけた顔で僕を見て笑っています。

その顔の、唇がひねた表情は気持ち悪さも感じましたが、まぁ大阪のこの友人は、自分が良いと思った事を真剣に進めてくるので、気持ち悪さは於いておき素直に話を聞いてみる事にしました。

ビールを飲みながら、ドライオーガズムをいきいきと語る友人は、ビールも進むようで次から次へと追加注文し、話が終わる前にはジョッキ5杯は飲んだのではないでしょうか。
その話の内容は、強烈なインパクトがあり、僕の頭の中にドライオーガズムという単語を忘れようにも忘れられない、キーワードにしてしまいました。

ア○ルで、男性が女性のようにイク!、そんな事が本当にあり得るのであろうか?
信じがたい説明でしたが、友人は大阪のとある痴女性感風俗に通い、習得をしたと自慢げに方ておりました(笑)

修得って、まるで修業をして自分の物とするみたいな、言い方は笑えましたが、最初からドライオーガズムに達せられるのは稀で、コツがあるらしいのです。

すごく興味がわいたのですが、ただ・・・
おしりに、なんだか解らないけど突っ込まれると言うのは、考えただけで恐怖を感じます。

好奇心と恐怖心のはざまでしたが、友人が本当によさそうに語るので、僕も体験してみたいよ、と言ってしまったのが始まりですね。

今は、友人に連れて行ってよとお願いし、初体験を熱望しておりますが、何故か友人は自分の行く店は紹介したがりません。

しかし、ここまでやる気を出したので、是非大阪の痴女性感のお店へ連れて行ってもらって、ドライオーガズム初体験をしたいと思っています。
エネマグラとは、前立腺マッサージで使用する器具です。
ちなみに、既に有名なアメリカ製エネマグラ製品の名称が、全世界統一ブランドANEROS(アネロス)に2012年に変更になりました。これは、エネマグラ(ENEMAGRA)と言う名称が、有限会社 光漢堂 三牧ファミリー薬局の登録商標なので、商標取消を求めたのですが不成立となった事で変更したようです。

そのアネロスを使用しドライオーガズムを得るには
最初アヌスにジェルを塗り付けます。力を抜いてユックリ円を描くように周囲からやさしく愛撫します。アヌスに指を挿入したくなるまで十分愛撫し、入れたくなったらアヌスを開き、ユックリと指を挿入していきます。その時、指を少し入れては戻して十分にジェルを塗りこめるようにします。

そしてアネロスに十分ジェルを塗りつけたら、いよいよアヌスへ挿入します

最初は呼吸だけでアネロスがアヌスに十分馴染むまでアヌスを締め付けずに、20分くらい時間を掛けてユックリと深呼吸だけを行い、アヌスや前立腺辺りを集中していきます。
そしてユックリと息を吸いながらアヌスを締め付けます。
その時、ぐっと締めないで半分程度の強さで締めて、強さを保持します。呼吸は止めずにゆっくりと続け、中途半端にアヌスを締め付けを保持するのは難しく、アヌスがヒクヒクしだしますが我慢します。限界が訪れ締め付けたくなったら逆にアヌスを緩め、このサイクルを何度も繰り返します。

体が悶えたりして我慢が出来なくなったら、最後に思いっきりアヌスを締め付けると、エネマグラが前立腺を押し付け、強烈な快感をもたらし、時には体全体が硬直したり痙攣したり咆哮を上げながらオーガズムに達します

パートナーが居ないと一人では難しいかも知れませんが、時間を掛けて頑張って励んでみましょう。