スマホ版に切り替え

HOME -> 緊縛プレイ

ムチ・鞭打ちなど体を痛めつけられるのが大好きな方は谷九の風俗店へ行ってみましょう。 こちらでは鞭を使ったプレイだけでなく女王様が命令をしてくれるのでかなり快感ですし、プレイ中は開放的になってとてもリラックス出来るのです。


半年前に谷九のSMクラブで初めて遊んだ女王様は30代ぐらいの方だったのですが、プレイが始まると彼女は攻撃的な口調となり、その口調を聞いて私は非常に興奮してしまいます。 その時にムチ・鞭打ちで体を痛めつけられましたが、今でも決まってその女王様を指名して痛めつけられてもらっています。 女王様は人気なので中々遊べないのですが、何とか指名できるといつもディープなプレイで盛り上がっています。


もし普通のプレイに飽きてしまったのなら、谷九でムチ・鞭打ちにチャレンジしてみると良いかもしれません。 恋人同士で出来ないようなプレイが行えますし、女王様の責めを味わうとつい酔いしれるように鞭で叩かれ続けるでしょう。

自分はムチ・鞭打ちが大好きであり、その事を彼女にはずっと黙っています。 一時期は彼女にムチを使用したプレイが好きだと言おうと思いましたが、彼女に嫌われるのが嫌でしたし、ずっと我慢をしていると不満が高まっていく一方だったので、谷九にある風俗店に行ってムチ・鞭打ちプレイを楽しんでいます。


彼女に愛想を尽かされたくないのなら私のように谷九のSMクラブへ行ってみると良いです。 お店にはプロの女性がいるので、プロのテクニックを身をもって体験すればムチで打たれる時の気持ちよさが分かりますし、徐々にコツが掴めるようになってくると更に快感になってきます。


谷九でムチ・鞭打ちプレイを体験すれば分かることですが、とにかく女性はプレイを盛り上げるのが上手いです。 羞恥心や罪悪感を煽るように言葉責めをしながらムチで思いっきりお仕置きをしてくれるのですが、不思議と安心感が沸いてきますし、ムードを盛り上げてムチで打ってくれるので堪りません。

鞭を使ってお尻だけをとことん痛めつけるのが今まで魅力的だと思っていましたが、谷九のSMクラブでムチ・鞭打ちを体験してみると、お尻以外に太ももなどを全体的に叩いてくれたので、プレイスタイルの印象ががらりと変わったと思います。 また、性感帯以外も刺激してくれたので、私のようなM男性を喜ばせる要素が多くありました。


太ももなどの敏感な部位を鞭でまんべんなく叩いてみると痛みと同時に性的な快感がありましたし、谷九の風俗嬢とムチ・鞭打ちプレイをしていく中で、痛みを感じながらプレイを楽しめたと思います。 こういった痛みと性的快感を堪能できるのはこのプレイの魅力でしょう。


思いっきり痛めつけられるプレイには抵抗がありましたが、谷九の風俗嬢は男性によって力加減を変えているらしいので素晴らしいと思います。 痛みを感じてくると興奮が芽生えてきますし、女性はムチ・鞭打ちのテクニックがあるからこそ私は不安なく最後まで興奮できました。

僕が緊縛プレイの魅力だと思っているポイントは、抵抗ができないという点です。 人間には防衛本能が備わっているので、手足の自由がきく状態だとどうしても自分を守ろうとしてしまいます。 つまり、拘束されていない状態でプレイをしていると、強い快感を覚えたときにこれ以上の快感の受け入れを拒否するべく無意識に身体が抵抗して暴れてしまいやすいのです。


大の男に暴れられてはプレイ相手の女性は責めを続行することはできませんから、そこでプレイはストップしてしまいます。 無事に快感の受け入れを拒否できてホッとする半面、もっともっと快感を受け入れてみたかったという残念な気持ちも湧いてきてしまうことでしょう。


その点、緊縛プレイを行えば、身体の抵抗は物理的に抑えられますから、女性も安心して愛撫を続けることが可能になります。 そうして、気持ち良すぎて怖くなる位の快感を覚えるまでプレイを堪能させてもらえるのです。 谷九には僕が愛用している緊縛プレイを受けられる風俗店があります。 興味が湧いた方はぜひ、その店を利用してみてください。

ソフトSMでの縄縛りに満足してしまうと、さらなる高いレベルを求めてみようという気持ちになります。 本格的な緊縛プレイを体験できる谷九の風俗へ遊びに行ってみるとSMの奥深さを体感することができます。 在籍している嬢はプロの緊縛師に教えられているので、最高の縛りを体感することができます。


普通に縛られる経験があっても、さすがに緊縛プレイのような本格的な縛られ方はされたことがないです。 綺麗に縛られると一種の芸術作品のように感じてしまいますし、このようにやらしく縛られると、プレイをより深く追求できます。


緊縛された状態で、蝋燭たらしや言葉攻めなどを受けてみるとさらに感じてしまいそうになります。 ただでさえアブノーマルな状況なのに、さらに追い詰められると感じまくってしまいそうです。 本物の緊縛プレイを楽しめる谷九の風俗は、芸術のようなSMを体中で感じ取ることができるお店です。 これを受けるとソフトSMが子供のように感じます。

少しでも緊縛プレイを経験した事がある人であれば、谷九の風俗店の様に言葉責めを行いながら、身体を縛り上げてくれるプレイスタイルの良さが分かるはずです。 ちょっとでもマゾとしての喜びを感じているところを見せるだけで、女性側が言葉責めを行ってくれて、自分の情けなさを興奮に変える事が出来ます。


緊縛プレイに使われるロープが股間に食い込むだけで、性的快感を覚えて喘ぎ声が漏れてしまった際にも、こんな事で感じるのは変態だと罵ってくれるのです。 そこから更に乳首責めで性的快感を高めながら、変態チックな興奮が次々と大きくなっていく事を分からせてくれたり、マゾにとって嬉しい工夫が幾つも見られます。


手コキで射精をさせてもらう際には、よりキツく身体を縛り上げてもらうのも、身体の自由が更に奪われていく快感が同時に楽しめてオススメです。 縛り上げられる喜びを感じながらの射精は、自慰行為とは比べ物にならないぐらいの気持ち良さを生み出します。

痴女のお姉さんにおもちゃにされるのが大好きな私は、週に一回は痴女に弄ばれないと、ストレスが溜まって仕方ありません。 天王寺で利用できる痴女性感風俗を利用して、この楽しみを満喫しているのですが、最近のプレイ内容は、どんどん過激になっていきました。


それは痴女が過激になっているのではなく、私が過激さを求めているからでした。 もっと興奮できる責めを体験したい、そう天王寺の痴女におねだりしたところ、緊縛プレイを提案されました。 この提案を聞いた直後は、そんなに期待していませんでした。 ただちょっと縛られて、いつもと同じような責めを受けるだけのこと。 そう思っていたのです。


ところがこれが、実に興奮できるプレイだったのです。 最初は手足の拘束で責めを受けるという予想通りのプレイでしたが、それなりの興奮を感じることができました。 しかし緊縛プレイの方法は他にもあって、軽い亀甲縛りみたいなものをされて、股間の締め付けと、痴女に責められて縄が移動し、それが敏感な部分を刺激してくれるのでした。 それは乳首も同様で、これを受けながら手コキされると、本当にあっという間にいってしまうのでした。

緊縛プレイを行うだけであれば、縄や帯さえ用意すれば誰でもできます。 ただ、上手にプレイを行うとなると、やはり技量が必要です。 例えば、縛り方がキツすぎれば縛られた部分が圧迫されて鬱血してしまいますし、逆に緩すぎても中途半端に身動きできてしまう分、摩擦でキズができてしまう可能性が高まります。 プロであれば、こういったキズが残らないように適切な縛り方ができるものなのです。


また、プロは、縛られている人に快楽を与えるテクニックにも優れています。 縛られる側は色々な部分を無防備に曝け出すことになるので、責める側は恥ずかしい部分を観察して言葉責めをして羞恥を煽りつつ敏感な部分を思い切り愛撫して、縛られている人を快楽の海に引きずり込んでいくのです。


ぜひとも優れた技量を持ったプロの緊縛プレイを体験してみたい、そう思った方は、天王寺を訪れてみてください。 そのエリアで利用できるm性感には、緊縛プレイを得意とするコンパニオンが在籍しているので、しっかり楽しむことができるでしょう。

くすぐったさはマゾを喜ばせる感覚として使えるという事が、天王寺の風俗での緊縛プレイで分かったのですけれど、その身体の縛り方も興奮を高める要素となってくれました。 より身体のあちこちを丁寧にくすぐりやすい様に、股を開かせた姿勢で縛り付けてくれるなど、細かいこだわりを感じられるところで、相手の女性がSMプレイに慣れている事が分かります。


股を開かされている姿勢は、相手の女性に股間をじっくり眺められてしまい、恥ずかしい気持ちになれるところもSMプレイにピッタリです。 その姿勢から足裏をくすぐられていると、足だけでなく身体全体が悶えてしまうにも関わらず、緊縛プレイの最中だからこそ身体を自由に動かす事が出来ません。


そういった身体の自由を奪われている感覚こそ、マゾとしての興奮がどんどん高まっていく理由の一つでした。 足裏は性感帯とは思っていないのですけれど、それでも興奮を高める為の部位として使えるのも凄いと思えます。

まだ自分の事をノーマルな人だと思っていて、新しい自分を知らない男性もいるのではないでしょうか? 女の子で素人の子はそこまで知識がないので、男性を責めて気持ち良くしてくれる事は少ないものです。 しかし女の子に責めてもらって、Mになるというのもとても気持ちが良いものです。


大阪のお店の中でもこのようなMな体験ができるところがありますが、中でも性感マッサージも行いながら緊縛プレイを行ってくれるお店もあります。 自分の自由に動ける体を縛られてしまうだけでも、興奮してしまうでしょう。 女の子はその状態で恥ずかしい格好をさせながら、ペニスをいやらしく責めてくるのです。


もう女の子に服従するしかなく、そんな風に責められている感覚事態に我慢汁が溢れだしてしまいます。 この他にも顔面の上に乗ってきて局部を乗せてきたり、アナルの中に指を入れて今まで感じた事のないような強烈な快感も体験できます。 普段にはない世界の中で、大興奮しながら感じる事ができるでしょう。

緊縛プレイはなかなか通常の風俗店やヘルスなどでは味わうことができません。 そのためハード系プレイなどを得意としている専門風俗店に行くことで体験することができます。 お店によってオプションプレイになっているところと基本料金に含まれているお店と異なるので事前にホームページ等でチェックしておくとよいかもしれません。


緊縛プレイは素人の女性とはなかなか楽しむことができないプレイです。 しかし専門風俗店に行くことでコンパニオンの女の子とノリノリで楽しむことができます。 自分がされるのも女の子にするのも楽しそうです。 普段の生活では味わうことができないハードなプレイに興奮する男性はたくさんいます。


大阪は西日本最大級の都市であり、たくさんの施設やお店がそろっています。 繁華街には地元の人も多いですが、出張や観光で別の街から来た人もたくさんいます。 地元の人だけではなく、旅行に来た人も楽しむことができる風俗店もたくさんあります。 いつもと違った雰囲気で遊びたいときにもぴったりです。

エッチなことは好きなのですが、こちらがずっと責めるばかりで退屈していました。 女の子が気持ちよさそうな顔をするのを見ていて、なんだかうらやましくなってしまったのです。 私も気持ち良くなりたい、そう思い大阪で緊縛プレイをお願いしました。


男性も気持ち良くなりたいです。 全てを任せて、心行くまで楽しみたいと思いませんか。 その希望を満たしてくれます。 近隣のホテルなどに出張してくれるので、他の男性客と顔をあわせずに済みます。 男性が感じたいなんて恥ずかしい、そう思わずに呼んでみてはいかがでしょうか。


手足を縛られるのもたまりません。 肌を密着させてマッサージをしてくるのですが、性感を感じるようにつぼなどを押されます。 そのたびにピクンと体を震わせます。 その際に手や足が動かないと、さらに感じやすくなるんです。 悶えてしまいますし、もぞもぞしてしまうので、その姿を見て女の子にからかってもらうことも出来ます。 女の子に好きにされるのも悪くありません。

大阪でSM嬢に犯されてみたい、性的な悪戯をされてみたいという男性もいるのではないでしょうか。 そんな方にお勧めなのが、ハードな緊縛プレイを存分に楽しめるM性感倶楽部というお店です。 このM性感倶楽部では、緊縛プレイが初めてだと言う方でもきっと満足することができます。


風俗店通いが慣れている方でも、美しく淫らな痴女達にまるで脳から犯されている感覚を味わうこと間違いありません。 それは、厭らしい言葉で痴女達が次々と責めてくるからです。 目隠しされ身動きできない緊縛プレイは、どんどんイヤラシイ妄想で頭がいっぱいに満たされて行きます。


ペニスをグッと握られた状態で射精したくてもそれが出来ないもどかしさに男のGスポットがどんどん濡れて気持ちよくなっていきます。 寸止め状態で、アナル部分を責められるので、人生初の男の潮吹きを体験するチャンスがあるかもしれません。 男の潮吹きは、射精時の快楽よりもなんと百倍の気持ちよさがあると言われています。 きっとノーマルなあなたもやみつきになるに違いがありません。

先日大阪へ仕事の都合で行ってきたのですが、利用をしたホテルに女の子に遊びに来てもらいました。 1人で寂しかったからというのが理由ですが、寂しさを紛らわせてくれただけではなくてとても盛り上がることが出来ました。


風俗遊びを以前もお願いをしたことがあるのですが、今回はとても本格的だと思いました。 まず女の子がリードしてくれるという点が助かりました。 始めて会う女の子なので、どのように進めるのかこちらが考えなくても良いからです。


好きなプレイをお願いするねと、女の子に全てお任せをすることにしました。 すると緊縛プレイを行ってきたのです。 手や足をロープで縛ってきたのですが、こちらがほどける固さではなくてぎゅっと結ばれてしまいました。 どうぞ好きにして下さいといった格好になったのですが、言葉通り女の子に好きにされてしまいました。 今まで緊縛プレイをしたことがあるのですが、紐をゆるく結んだ程度でした。 本格的に行ってくれたのが、楽しめた理由でもあると思いました。

風俗通いはプライベートSEXにおいて、いつも同じプレイをしていると、次第に普通の性行為に飽きてくる人も多いのではないでしょうか。 プレイに飽きてきてしまうと、気持ちの興奮度も低下してしまい、仮に絶頂に達したとしても、満足度は不十分になってしまいがちです。


そんな、普段の性行為に飽きてしまった方は少し変わったプレイを試してみてはどうでしょうか。 例えば、SMプレイなど非日常的な空間や時間を体験できておすすめです。 ただ、Mの男性であっても、痛いのは苦手だからSMプレイには抵抗を感じると言う人も少なくないでしょう。 そんな人にお勧めなのが緊縛プレイです。


SMプレイを専門とする風俗店であれば、緊縛プレイを容易に試すことができます。 一度、緊縛状態での性行為を楽しむとその興奮度の違いに驚くことでしょう。 人は、肉体的に不自由なストレス感と性的快感のギャップ差によってより、精神的な興奮を得ることができるものです。 いつもとは違う快感を得られることは間違いありません。

パートナーに緊縛をしてほしいとお願いをしても、プロの方のように上手に縛り上げることができないので困っていました。 ただぐるぐると縛るだけでしたら誰だってできることです。 自分が求めているのは本格的な亀甲縛りなどを痛気持ちよく縛り上げてほしいのです。


本格的な緊縛プレイをしたいので、綺麗な緊縛師のお姉さんが在籍されているお店へ遊びに行ってみることにしました。 プレイが始まる前からすごく緊張していましたが、お姉さんは緊張している自分にリラックスできるように楽しい会話で和ませながら、ゆっくりときつく縄を縛り上げてきました


出来上がった亀甲縛りを見てみると本当に芸術品のように美しく仕上がっていました。 それだけではなくお姉さんからたっぷりとエッチなお仕置きや調教を受けることができて、理想通りの最高の緊縛プレイを楽しむことができました。 緊縛好きの自分としては、このお店はなくてはならない存在になりつつあります。

大阪で縛りなど自分の家では遊べないようなことをして遊べます。
奥様や彼女との普段のプレイでは、自分を縛ってほしいなどは、なかなかいえませんがここでは、そんな願望も叶えられます。
縛る道具の指定もできます。
縄や手錠で拘束されたいなど、お客様のご要望にできるだけ答えられるように努力しています。
コスプレや女装なども対応できます。
お客様からの持ち込みも可能ですが、衛生的に女の子が使えないと判断したものや使い方が難しくて使えないものなどはお断りしています。
女装して、手足を拘束されて痴女にいたぶられたいなど、普段ならできないようなプレイも女の子が対応してくれるのです。
気分は、女性のようになって痴女に身体中いじられて、全身で感じることができます。
縛られていると快感が敏感になりやすく、自分でどうすることができなくて寸止めのエクスタシーを感じられます。
縛り道具は、事前にお店にいっていただければ、準備することも可能ですので、ぜひご予約時にご相談ください。

緊縛プレイというのは、どうしてあんなにも興奮させてくれるのでしょうか?
縛られているという状況が、いつも以上に自分を興奮させてくれます。
自分だけではなく、どんな方でも縛られると何かしら感じるものがあるでしょう。
緊縛プレイなんか興味がないという方でも、一度やってみると結構はまります。
自分の友人も、自分がすすめてみたら興味がなかったはずなのに、いつの間にか自分よりもはまっていました。
あの時はさすがにびっくりしました。
自分よりも大阪の風俗店に通っていたのです。
そこでは手足を拘束して、自由を奪われ、その状態のままプレイを行っていきます。
どんなにあがいても、風俗嬢の手は止まることがありません。
そのためもうやめたくなっても、なかなかやめさせてもらえないのです。
そしてペニスは勃起し続けている、体は正直者です。
いくら口で抵抗していても、体は反応し、そして精液が垂れてきているときもありました。
どんだけ興奮しているんだ、と恥ずかしくなりました。

身体に自由が無い状態で興奮する人の気持ちが分からないという方でも、自分自身の身体で緊縛プレイを楽しんでみればSMプレイに対するイメージも変わるんじゃないでしょうか。
ただ縛られるだけで興奮出来るという領域に達するには、何度もSMプレイを楽しまなければいけないかもしれませんけど、身体を縛られた状態で好き勝手に女王様に身体を触られるプレイは、女王様のエロティックな体付きも相まって直ぐに興奮を覚える事が出来ます。
女王様が手慣れているのはSMプレイでの鞭打ちやロウソク責めだけではなく、乳首責めやアナル責めも手慣れていますから、こんな乳首の触り方があったのか、アナルの責め方がやたらエロいといった驚きを感じられるはずです。
自分もその時の驚きがあったからこそ大阪のSMクラブでプレイを楽しめています。
身体で縛られるだけでなく、首輪プレイなどの楽しみ方もありますから、どうしても身体を縛られるのが嫌だという人はそちらも試してみましょう。

SMプレイにもあきたし、さらなる快感を求めて大阪のお店を探していると前からすごく興味があった緊縛プレイを提供してくれるお店を見つけてしまいました。


以前から縄で女性をいやらしく縛るのが大好きな方は、まさにうってつけのお店で在籍している女の子もあなたの縛りに応えてくれること間違いなしです。


SM専門店はたくさんあるけれども、緊縛プレイが可能なお店を見つけるのはなかなか困難で見つけたときにはすぐに予約を入れておかないといけません。


綺麗に縛って女性を天井からつるして眺めて、恥ずかしいプレイをしてみるのもよし、逆に縛られて自由の利かない体制でサービスを受けるのもよしです。


緊縛プレイはかなり奥が深いので、一度体験するだけでは追求することができないかもしれないです。


お店でお気に入りの女の子を見つけて、縛りの世界を深く深く追求してみてはいかがでしょうか?きっとSMよりもかなり楽しく深いプレイを体感することができるでしょう。

 

突然ですが皆様!『緊縛』ってご存知ですか??凄~く簡単に言いますと
「縄でしっかりと縛る」と言う事なのですが、ちまたでブームなんです。
しかも若い女性の方にも興味があったり、男女問わず幅広い年齢層にもマニアが
存在致します。あ!ちなみに『緊縛』と書いて『きんばく』と読みます(笑)
その緊縛ですが、皆様もご存じのSMプレイの中の一つですので
認知度はだいぶあるはずです。亀甲縛りだの股縄だの言う名称の縛り方で赤い縄でがっちり縛られた女性をなにかのTV番組や雑誌で見た方もいるでしょう。
暇が出来ては、地元大阪でこの『緊縛』が楽しめるSM俱楽部を探すのが、私の趣味なのですが、いつかは素人にこの緊縛を施したい夢があります。色白の真っ白な肌に食い込む真紅の縄。。。。。ほどいた後にはハッキリと、そのやわ肌に残された跡が!
想像しただけで勃起してしまいます。特にわたしは何故か着物にもフェチがあり、裸に亀甲縛りを施しその上から見えないように着物を着てもらいます。縄で縛られているなんて、全くわからない外見なのに、女性は誰か廻りの人に気づかれるのではないのか!という恥ずかしさから、その状況に興奮し、濡れてしまうのです。。。。
欲望は尽きる事を知らず、私は『緊縛』ができる女性がいるのであれば、出会い系で知り合ったSM好きの女性に会いに行く為に、北は新潟・南は九州まで大阪から出かけ、会いに行ったこともあります。お陰さまで、今は月に何度かはその時に知り合った女性が私に『緊縛』をされる為だけに会いに来てくれる程になりました。
人間が誰しもこのSMに興味があると言われています。私は7割Sで3割Mなのですが、縛るのも縛られるのも大好きです(笑)

突然ですが皆様!『緊縛』ってご存知ですか??凄~く簡単に言いますと

「縄でしっかりと縛る」と言う事なのですが、ちまたでブームなんです。

しかも若い女性の方にも興味があったり、男女問わず幅広い年齢層にもマニアが

存在致します。あ!ちなみに『緊縛』と書いて『きんばく』と読みます(笑)

 

その緊縛ですが、皆様もご存じのSMプレイの中の一つですので

認知度はだいぶあるはずです。亀甲縛りだの股縄だの言う名称の縛り方で赤い縄でがっちり縛られた女性をなにかのTV番組や雑誌で見た方もいるでしょう。

 

暇が出来ては、地元大阪でこの『緊縛』が楽しめるSM俱楽部を探すのが、私の趣味なのですが、いつかは素人にこの緊縛を施したい夢があります。色白の真っ白な肌に食い込む真紅の縄。。。。。ほどいた後にはハッキリと、そのやわ肌に残された跡が!

 

想像しただけで勃起してしまいます。特にわたしは何故か着物にもフェチがあり、裸に亀甲縛りを施しその上から見えないように着物を着てもらいます。縄で縛られているなんて、全くわからない外見なのに、女性は誰か廻りの人に気づかれるのではないのか!という恥ずかしさから、その状況に興奮し、濡れてしまうのです。。。。

 

欲望は尽きる事を知らず、私は『緊縛』ができる女性がいるのであれば、出会い系で知り合ったSM好きの女性に会いに行く為に、北は新潟・南は九州まで大阪から出かけ、会いに行ったこともあります。お陰さまで、今は月に何度かはその時に知り合った女性が私に『緊縛』をされる為だけに会いに来てくれる程になりました。

 

人間が誰しもこのSMに興味があると言われています。私は7割Sで3割Mなのですが、縛るのも縛られるのも大好きです(笑)

 

10年来の友人が先日結婚し、その2次会が大阪であったので、そこでの出来事を記します。彼はsm業界では結構有名らしく、お相手の奥さんもその業界でも有名らしい。

そんなsm業界のビッグカップルの結婚なので、2次会が荒れないわけがなかったです・・。
会場は何やら、あやしいsmグッズに溢れており、いかにもsmバー的な雰囲気を醸し出しておりました。

時間が経つにつれ、お酒のペースも上がり、皆が異常なテンションになってきた時に、一緒に行っていた友人の一人が突然、初心者でも出来るsmプレイをしてみたい!と言いだしたのです。

そうなると、もう止まらないですよね。そいつは緊縛プレイをされ始め、あっと言う間に亀甲縛りの状態に。会場はそいつの姿を見て更に盛り上がりました。

「お前もやってもらえよ」と言われたので断ると「すみませーん。こいつもお願いしまーす。」と僕の方を指さしやがったのです!そうなると断ることもいかず、お酒も入っていたので、僕も緊縛プレイのモデルになってみました。

縛ってくれるのは本日の主役の新婦でしたが、ほとんど面識もない女性に亀甲縛りを今からされるのかと思うと、凄く興奮してしまいその時は半勃起状態でした。取りだしたのは20メートルくらいはあろうかというロープでした。

えっ?こんなに長いん?と驚く暇もなく、あれよあれよという間に僕の身体にはロープが張り巡らされ、亀甲縛りが完成しました。もちろん服は着ていましたが、ある意味羞恥の目で見られているのと、縛られているのでフル勃起状態に!

自分の気持ちとは裏腹に股間は言う事を聞かず、しばらく勃起が収まりませんでした。
大阪に泊まりで来ていたので、その夜にデリヘルを頼んだのは言うまでもありません。

 

東京と大阪にはJailというSMショーパブがありまして。
元々とくにSMに興味があったわけではないのですが、友人に騙し討ちで連れてかれましたw
でもかなり楽しかったという…入店直後から犬扱いされて床に置かれた皿のウィスキー飲んだり、パンツ一丁にされローソク垂らされてダチョウ上島だったり、ハイヒールで踏まれたりとまるでSM基本体験パックのような感じだったのですが、中でも「亀甲縛りされて天井に吊るされる」プレイが熱かったです。
最初に縛ってきたのは、さっき僕を踏んでた女性のお客さんでした。
一応、店の女王様に細かく説明されながらぼくを縛っていくわけですが、やはり強く縛るのが怖いのか、全体的に緩いんですよね。
んで一応亀甲縛りが完成し、いよいよ吊るされます。
女王様が天井からのロープをぐいーっと引っ張ると、
「あいててててててて!!!!!!」
シャレにならないくらい痛いwww
というのもロープが引っ張られると、さっきまで緩かった所が締まってくるわけで、締まるロープに身体じゅうの肉が挟まれるんですよね。
というわけで宙吊りは3秒で終了、ロープが解かれ、お客さんにごめんと謝られましたw
その後今度は女王様に縛られることに。
彼女は手慣れた感じでビシビシと縛ってきます。さっきのお客さんに比べると全然しっかり縛ってるんですが、不思議と痛い感じはしませんでした。
縛り終わってさっそく吊るされましたが、縛ったロープがピクリとも動かない。痛みもなく、ワーイぼく空飛んでるーって遊園地状態でした。プロの仕事は違うなと思いましたね。彼女なら古新聞の束すらも亀甲縛りできそうです。
とまあ、ぼくの緊縛体験はどっちかというとスカイスポーツのような感覚になっていまい、エロスとかそっち方面に行かなかったのは少々残念ですが、繰り返してるうちに見えてくる淫靡な世界があるんでしょうね。

東京と大阪にはJailというSMショーパブがありまして。

 

元々とくにSMに興味があったわけではないのですが、友人に騙し討ちで連れてかれましたw

 

でもかなり楽しかったという…入店直後から犬扱いされて床に置かれた皿のウィスキー飲んだり、パンツ一丁にされローソク垂らされてダチョウ上島だったり、ハイヒールで踏まれたりとまるでSM基本体験パックのような感じだったのですが、中でも「亀甲縛りされて天井に吊るされる」プレイが熱かったです。

 

最初に縛ってきたのは、さっき僕を踏んでた女性のお客さんでした。

一応、店の女王様に細かく説明されながらぼくを縛っていくわけですが、やはり強く縛るのが怖いのか、全体的に緩いんですよね。

んで一応亀甲縛りが完成し、いよいよ吊るされます。

女王様が天井からのロープをぐいーっと引っ張ると、

 

「あいててててててて!!!!!!」

 

シャレにならないくらい痛いwww

というのもロープが引っ張られると、さっきまで緩かった所が締まってくるわけで、締まるロープに身体じゅうの肉が挟まれるんですよね。

というわけで宙吊りは3秒で終了、ロープが解かれ、お客さんにごめんと謝られましたw

 

その後今度は女王様に縛られることに。

 

彼女は手慣れた感じでビシビシと縛ってきます。さっきのお客さんに比べると全然しっかり縛ってるんですが、不思議と痛い感じはしませんでした。

 

縛り終わってさっそく吊るされましたが、縛ったロープがピクリとも動かない。痛みもなく、ワーイぼく空飛んでるーって遊園地状態でした。プロの仕事は違うなと思いましたね。彼女なら古新聞の束すらも亀甲縛りできそうです。

 

とまあ、ぼくの緊縛体験はどっちかというとスカイスポーツのような感覚になっていまい、エロスとかそっち方面に行かなかったのは少々残念ですが、繰り返してるうちに見えてくる淫靡な世界があるんでしょうね。

 

 

緊縛プレイ、ロープで縛られるプレイ。

私はずっと「じゅ縛」プレイと勘違いしていました。

「じゅ縛」は「呪縛」と書き、まじないなどの、心理的強制力によって人の自由を束縛すること。

まあ、金縛りに近いか??

 

ロープのような物理的手段は使わないんですね。

 

で、「緊縛」は「きんばく」と読むらしいです。

「キンパク」ではありません、海苔巻のようになったからと言って、食べられるわけではないです。

 

この向きは昔からあり、文学の世界では

SM官能小説 と分類されるらしいです。

 

そう、あの「団鬼六」の官能の世界です。

 

責めの対象を、縛り上げることにより性的興奮を覚えるもので、

しばられる方も、しばられることにより性的興奮を求めます。

 

しばる方、しばられる方、は別に男女で区分されていません。

 

重要なのは、しばり、しばられることにより、お互いに、性的興奮を得ることです。

 

しばられる方が性的興奮よりも、肉体的苦痛を強く感じては、プレイは不成功です。

 

また、しばる方の手抜き下限が強すぎると、責めての性的興奮が盛り上がらず、これまた

不成功です。

 

緊縛プレイにより、性的興奮を覚えだすと、脳内のシノプスがその様な回路を作り上げ、さらに強い刺激を求めだすのも、人間の悲しい佐賀というものでしょうか。

 

緊縛プレイの高度化により、しばられる方が命を落とすパターンも、団鬼六先生の作品の中に散見されます。

 

しばられる -> しばりを受ける -> 受縛 -> じゅ縛プレイ が成り立ちますね。

 

で、緊縛プレイのそのあとですが、すぐに性行為に移ろうとするのは素人段階、玄人はそのまましばられてが苦悶しつつ、性的興奮を得ている様子を、観察し、オーガズムに近い性的興奮を求める、らしいです。

 

これは、放置プレイですね。

 

で、正しい緊縛プレイの進め方は、

責めては、最初はやさしく、ずんずんきつく縛りを入れていき、しばられての許容範囲ギリギリの線でしばりを暫くやめ、しばり手の性的興奮と、しばられての性的興奮が持続するよううに暫く放置する、ということになります。

 

もっと詳しくは、映画「花と蛇」をどうぞ

SMに以前から興味のある私は、まず縛り、緊縛プレイを覚える事(勉強する)から始める事にした。

 

知れば知る程、深い内容に感心させられるSMの世界はまさに究極のエロスと信じる私は、どうやればパートナーが喜ぶのか?

自分も喜べるのか?を毎日毎日調べてみることに、縛り方は上半身、下半身、全身とあり言い出せばきりが無いほどの種類が存在する。

 

有名な縛り方を少し紹介します。亀甲縛りは身体に這う縄が六角形になる事から名前がついたと言われる。

緊縛に比べると拘束感が少なく、人体に縄は食い込むが性的部分を誇張する為、見栄えは最高に良い、コートの下や上着の下にこの縛りを行い羞恥プレイを楽しむ方も多くいます。

 

次に高手後手縛り、胸の膨らみの下側から巻きつけ首、腕に縄を巻き付けます。

完全に上半身の自由を奪われて更に感度が増して行きます。このように縛り方はアレンジを含めると数えきれない数が存在します、しかしながら要注意な点も御座います。

強く縛り付けるとパートナーがうっ血してしまう事もありますのでお互いの確認を取って頂く事をオススメ致します。

最近ではソフトSMやM性感という言葉を使用する風俗店も多く出店しており、この様なお店が増える事でSMに興味を示す方が増加しているとも言われております。

 

M性感のお店が大好きな私は、大阪の日本橋で良く遊びます。

何故SMが好きなのにM性感が好きなのかと申し上げると、急にハードなプレイを信頼感が無いのに出来ないと言った事が理由でしょうか(笑)

SMは信頼関係が重要と言われています。相手の事を理解して行う事が二人の快感に繋がる様ですね。

 

そんなM性感好きの私がこの前行ったお店で大阪痴女性感フェチ倶楽部と云うお店です。

新店と言っていましたが、中々内容も濃くしっかりしていましたよ。好きな方には是非オススメさせて頂きます。

大阪にはどれだけの風俗店があるでしょうか。

風俗とはいってもその業態としては店舗型のソープやデリヘル型やエステ、ピンサロなど数え切れないほどあります。

条件を絞っていけばある程度は件数は減っていきますがそれでも選びきれないほどです。そういえば外国に遊びに行ったときに現地の人から日本は風俗大国だなんて言われた事もあります。

どんな遊びも選び放題の大阪ですから、風俗好きならいろんなカテゴリで遊んでいるのではないでしょうか?

僕が今ハマっているのはなにを隠そうSMプレイです。

さすがは大阪、キタからミナミまでのあいだにSM専門店があるわあるわ。
SM系のお客さんは特に常連になる傾向があるみたいですが、僕の場合は次から次へと店を変え女王様を変え、違った雰囲気でプレイを楽しんでいます。

おもしろいのは女王様が変われば同じ店だとしてもかなり違った内容で楽しむことができる事です。
特に緊縛プレイ。
これは縛り方も違えば縛る強さも違います。
ついでに言っておけば女王様によっては縛りの加減を注文してもまったく聞いてくれなかったりします。

これについては嬉しいやら悲しいやらといった感じです。

好きな人は好き。
ハードなプレイが多い。
人には言わず、隠れて楽しむのこそがSMプレイ。

一般的にはそのようなイメージかもしれませんが、僕の感じているのはもっとオープンなイメージです。

店によってはとてもフレンドリーに接してくれる女王様もいます。
だからSMがもっとたくさんの人に受け入れてもらえるカテゴリになって、もっとたくさんの女王様に気軽に会える風俗界に変わっていくのが僕の望むことです。

SM界が盛り上がって、街の女王様のテクニックがもっとレベルアップして、そして最高の緊縛プレイを楽しみたいと思っています。


綺麗なお姉さまから緊縛プレイでメチャクチャに責められたい願望が芽生えてきた自分の性癖が不安でなりません(汗)

以前は、責める方が楽しくて、女の人が感じているのを見るのを興奮していましたが、飽きてしまったのでしょうか・・・女の人を悦ばせる事に魅力を感じなくなってしまい、何をしたら自分が興奮するのかを探し求める旅をしていたところ、痛いとか熱いのは嫌だけど、淫乱な痴女から犯されたいという気持ちが芽生えてきちゃいました。

しかし『責められるのが好き』と言うとSMクラブしかないのかと思うと、SMプレイは好きではないので嫌で、願望を抑えるしかないのかと落胆していましたが、どうやら緊縛プレイはSMクラブだけのサービスではないとの情報がネット上であり、検索をしてみるとM性感という風俗のジャンルがあるらしく、M性感はSとMの関係ではなく責められたい男性が王様の様に何もしなくとも気持ち良くなれる快感を味わう事ができる風俗店になっているようです。

今の僕の性癖にはM性感がピッタリとジャストフィットしているのではないかと気が付いた私は、早速M性感を体感してみることしました。

淫乱で綺麗な痴女がお部屋に到着すると、いきなり卑猥な言葉を投げかけられながら服を脱がせられ、お風呂に入った後で前立腺という男性のアナルの中にある性感帯を指で刺激されながら手コキをされ、今までにない快楽に浸っていると、お待ちかねのロープで緊縛プレイが始まりました!縛られながら手コキでイカされてしまったのは本当に気持ちが良かったのですが、そこからが思ってもみなかった事態に・・・!

イッたのに更にローションを付けられて手コキで亀頭を集中的に責められたのですが、イッたばかりの敏感になっている亀頭を刺激され続けてオシッコが出る感覚を感じていたのですが、出たのはオシッコではなく無臭で無色の液体でした。後から女の子に話を聞くとそれはオシッコではなく男の潮吹きだったそうです。その快感は今でもハッキリと覚えていますが、今までの快感の中で1番と言えるくらいの快楽でした。

緊縛とは縄でしっかり縛る、という意味。日本は手錠の発達が遅かったので、昔は手錠のかわりとして使われていました。
囚人が死なずに、暴れないようにするため補縄術が発達したと言われています。近年では、セックスや性的なプレイや趣味など性的な表現の幅が広がったこともあり身近になっています。

アダルトビデオなどでもたまに見かけますよね?受身側を縄や、紐状、帯状のもので拘束し身体の自由を奪う行為です。緊縛プレイと聞くと、多くの人がSMプレイをイメージするでしょう。相手を征服し性的欲求を満たす行為の一つでもあります。

また、縛り方もいろいろあって、縛った状態で相手を釣り上げる方法もあります。有名な物だと亀甲縛り。
これは緊縛プレイをしたことがない人でも、言葉くらいは聞いた事があるんじゃないでしょうか?

私の勝手なイメージでは、杉本彩さんの『花と蛇』が思い浮かびます。
女優さんがあそこまで大胆にするとは思ってなかったので、見たときは衝撃的でした。
話が少しずれましたが、緊縛プレイをする時には注意点もあります。首の付近は縛らないように気をつけ、できる限り結び目を持ってこない方がいいでしょう。

また、人間の体には静脈と動脈があり、間違った縛り方とすると大事故に繋がる危険性があるので気をつけましょう。
縛って吊り上げる時は特に注意が必要になります。もし、首から落ちる、大怪我、最悪の場合は死に至る事もあるので、吊り上げは相手との信用や自分の技術が足りないと思う場合はやらないのが賢明です。

緊縛プレイと一言で言っても、奥が深い。
いきなり高度な技術は無理でも、普段とは違ったセックスや興奮を楽しみたい!!という人におすすめな方法がネクタイやスカーフで縛る、プチ緊縛プレイです。
それだけでも違った感覚が味わえますよ。

緊縛プレイはSMプレイの中でも王道中の王道!まさにSMの導入口であるはずのプレイである。

 

経験の少ないSな女王様がどM男を実際に手首を縛ってみると両手を束ねて縛っただけでは意外と簡単にほどけてしまうことがわかる。これは関節の自由度を度外視して縄をかけた結果であり緊縛には一定の技術が必要となるらしい。

 

ただし、緊縛の目的は拘束された状態で長く置くことでありあまりにきつく縛った結果、死に至らしめたりということは断じて避けなければいけない。

そのためにも確かな技術の習得は重要である。つまりちゃんと教育を受けた女王様が相手でないと信頼して楽しめないという事になる。

 

僕も昔から緊縛プレイには興味があったのですが、その趣味や変態的嗜好を当時付き合っていた彼女や今の奥さんにお願いすると「変態!」と罵られ別れてしまいそうなのでずっと我慢していたんです。

 

そんな僕でもSMクラブに行くと経験豊富なプロの女王様に縛ってもらえるので安心してM度数にハマれるというものです。

 

SMクラブにはじめて行った時は僕も正直、どこまでのことをされるのかと不安でした。本当に快楽を得る事が出来るのかと心配だったんです。

 

初めて行ったお店の女王様はそれはそれは綺麗なお姉さんでした。後で知ったのですが某有名モーターショーのキャンギャルをやっているとのことで清楚な風貌でスタイル抜群で大人っぽくみえましたがまだ23歳の女王様でした。この見た目とのギャップに興奮をしてしまったのを今でもよく覚えています。

 

緊縛プレイを希望しておいたので女王様のカバンからは拘束ロープに麻縄、アイマスクに口枷、足かせ、首輪・・・と見ただけでドキドキするおもちゃがいっぱいありました。

 

早速、赤い拘束ロープで縛られてしまい、恥ずかしげもなく勃起し少し罵倒されただけでイってしまったのです。緊縛プレイの真髄を知らずに早々と果ててしまった自分が情けなかったです。

以来、SMクラブにいくと緊縛プレイをしてもらっています

緊縛プレイとは、何ぞや?ということで、いつものようにググってみたところおもしろい記事が…

『安倍なつみ押尾宅で緊縛SMプレイとコスプレをしていた』

◆10年で成長し過ぎた“夜”のなっち ハマった「プレイ」は緊縛とコスプレ!?

記事の内容としては…

結婚を機に芸能界を引退した、元グラビアアイドルのKがその真相を語ってくれた。

「安倍さんてとってもM体質みたいなんです。もうずいぶん前の話なんですけど、

ある時、携帯に知らない番号から電話が掛かってきて、安部なつみだって言うんです。

凄い剣幕で、『私の彼とエッチしたでしょ! 人として最低! あんたもただのM女なんでしょ!』と言ってきたんです。

最初は何のことだか分からなかったんですけど、どうやら、私が安倍さんの彼を寝取ったってことになってたんです」

 

「安倍さんは、私が押尾とはヤッてないと言ってるのに、

『嘘、あんたもドMなんでしょ! ヤられまっくったんでしょ!』って言うんで、だんだんかわいそうになってきました。

安倍さんは一方的に文句を言って、満足してから電話を切りました。

後で安倍さんと同じ事務所のアイドルの友だちに話を聞いたら、

安倍さんは制服のコスプレは当然で、緊縛プレイでさえ普通にやってるって言ってたんで、

住む世界がかなり違うなって思いましたね」(前出・元グラビアアイドル)

 

安倍が押尾宅でゲームをきプレイしていたというが、

「プレイ」とは、縄を使ったり、コスプレをする「プレイ」だったのだろうか…?

10周年を迎えたモー娘。安倍なつみはいまだに方言が抜けず、というか

アカ抜けないところが魅力と言われているのだが、下半身だけはもうスレ過ぎてしまったようだ。

 

とのことより、緊縛プレイ…私には何がいいのかよくわかりませんが、人の性癖は人それぞれ…国によっても様々…

「日本人は世界で一番すけべです!」と言っていた知り合いの中国人のお姉さんの一言が、ふと頭をよぎりました。

こんなに色々なジャンルの風俗店が存在している国って、世界で唯一、日本ぐらいですよね。

緊縛する事をプレイとするのは現代では周知されて来ていて、恋人同士でもソフトSMといった具合に楽しんでいる人も少なくないのではないでしょうか?

 

そもそも緊縛されるなんて罪を犯した罪人かSMクラブなどで一部の愛好家が好んで密かに楽しむ行為だと思っていたのですが、SMプレイを専門的におこなう風俗店や、AV業界の台頭・メディアの発展によって、縛る行為がプレイとして今では自然と広まっていった事も事実だと感じます。

 

そもそも、世界的に見たら手錠などの拘束具の普及に遅れていた日本では、縛るという文化が必然的に発達せざるを得ない事情がありました。当時はもちろんプレイが目的ではなく、罪人を拘束する為・自由を奪う為・刑罰を与える為に緊縛する技術が必要だったのです。

 

そんな取締の為に研鑚を重ねられた緊縛技術も、女性の囚人が締めあげられている様や苦痛にゆがむ表情を見て性的に興奮を覚える男性は決して少ない訳ではなかったんですね。

 

自由を奪った女の体を自由にしたい!そんな願望や欲求を満たす為に技術を使用する男達の征服欲から、次第に性的行為に用いられる様になって行ったそうです。一般的に広まった要因としては、一部の絵師が好んで緊縛されている女体を責め絵として描いていたからと言われています。

 

現代では、性的表現の幅も広がり緊縛をセクシャルなプレイとして幅広く取り入れられるようになりました。

アダルト業界では緊縛した受け身の人間を調教する緊縛師や調教師も存在する程です。

私も少しくらいなら気持ちがわかりますので、パートナーの手をタオルなどで縛って見たり、目隠しをしたりしてプレイに興じた事があります。その時に感じたのは、女性は緊縛される事が嫌いではなく、むしろ目隠しや縛られる行為によりいつもよりも性的興奮が上がるのではないか?と感じました。

 

実際に全ての女性がそうではないでしょうし、緊縛されたい願望の男性もいる事でしょう(汗)

 

ハードなSMプレイは昔の罰的な緊縛を施し、時には痛みを伴う事も本望的な嗜好の持ち主が好む世界なので、一般的には経験者の方が少ないでしょうけど、ソフトなSMが世間的に受け入れられている気持ちは私にもわかりますので、もっとソフトな緊縛プレイの幅が広がれば良いなと願ます。

 

ハードなSMプレイは昔の罰的な緊縛を施し、時には痛みを伴う事も本望的な嗜好の持ち主が好
む世界なので、一般的には経験者の方が少ないでしょうけど、ソフトなSMが世間的に受け入れら
れている気持ちは私にもわかりますので、もっとソフトな緊縛プレイの幅が広がれば良いなと願ます。