スマホ版に切り替え

HOME -> 奴隷 -> 大阪の痴女に奴隷扱いされるなら、私は進んで体を差し出します。

大阪の痴女に奴隷扱いされるなら、私は進んで体を差し出します。

学生時代、歴史の授業で習った奴隷制度。 もしも自分がその立場だったらと考えると、生きる意味が見出せないと思いました。 しかし誰の奴隷となるのか、その条件次第では、喜びにすら変わると気づきました。 それを教えてくれたのは、大阪にある痴女性感風俗です。


喜びと気づかせてくれたその人こそ、痴女です。 彼女が主導権を握り、それに従わなければならないのですが、その内容がエッチなことですから、内心ではウェルカム状態なのです。 それに単純な責めを行なうような、そんな詰まらない女性ではありません。


私が知らない世界を見せてくれるのですから、命令されることも喜びと感じてしまうのでした。 痴女に良いように扱われたシチュエーションの中でも、最もそれが顕著だったのは、亀頭責めというプレイでした。 くすぐったさしか感じない亀頭への集中攻撃は、まさに奴隷にこそふさわしい扱いです。 しかし光が差し込めば、途方も無いほどの快感が押し寄せてきて、大量の潮を放出するのでした。


カテゴリ: 奴隷