スマホ版に切り替え

HOME -> 奴隷

毎日のように仕事の時間が長くてストレスを感じていた時に、私の心の支えになってくれたのが大阪の風俗で働く痴女です。 拘束プレイやアナル責めを行いながら、男性側を奴隷扱いする事によって、日々の疲れなど忘れさせてくれます。 もっと恥ずかしさを感じる責めを受けたくて、女性に対して何度もおねだりをさせてもらいました。


責めを焦らすのも上手で、もっと情けない声を出しながらおねだりするようにと、女性側が伝えてくれるのも嬉しかったです。 女性側の言うままに情けない声を出しながら、奴隷扱いを受けているのが、自分の中で一番のストレス発散方法になっています。


ご褒美として途中から顔面騎乗を楽しませてくれるなど、罵倒するだけではなく快楽を織り交ぜてくれるのも最高です。 気付けば心も体も元気になっていて、もっと色んなM性感のプレイを楽しみたくなってきます。 今はアナル責めを受けながら、女性に罵倒してもらうプレイスタイルがお気に入りです。

学生時代、歴史の授業で習った奴隷制度。 もしも自分がその立場だったらと考えると、生きる意味が見出せないと思いました。 しかし誰の奴隷となるのか、その条件次第では、喜びにすら変わると気づきました。 それを教えてくれたのは、大阪にある痴女性感風俗です。


喜びと気づかせてくれたその人こそ、痴女です。 彼女が主導権を握り、それに従わなければならないのですが、その内容がエッチなことですから、内心ではウェルカム状態なのです。 それに単純な責めを行なうような、そんな詰まらない女性ではありません。


私が知らない世界を見せてくれるのですから、命令されることも喜びと感じてしまうのでした。 痴女に良いように扱われたシチュエーションの中でも、最もそれが顕著だったのは、亀頭責めというプレイでした。 くすぐったさしか感じない亀頭への集中攻撃は、まさに奴隷にこそふさわしい扱いです。 しかし光が差し込めば、途方も無いほどの快感が押し寄せてきて、大量の潮を放出するのでした。

大阪の痴女性感に嵌まっています。 ソフトSMタイプのデリヘルですが、精神性の強いプレイが多く、女性に従属することで強い快感が得られるのです。 今では寝ても覚めても女性のことを思いながら一日を過ごすようになりました。 もともと私は被虐願望が強く、誰かに服従することで心の安定を得るタイプだと思っていました。 そんな私の性癖を見抜いてくれたのが大阪の痴女だったのです。


プレイの内容は女王様と奴隷ごっこです。 ラブホテルの部屋はSM部屋というべき拘束の道具が揃っている部屋を選びます。 ここで手足の自由を奪われ、アイマスクで視界を遮られ、何をされるのか分からないまま女王様の責めを受けるのです。


ときには女王様の聖水を顔や体に浴びせかけられることもあります。 奴隷にとっては最高の幸せの瞬間でそのまま射精したこともありました。 自分でも自分のことを変態と思いますが、そんな変態を受け入れてくれる女王様の心の広さに安らぎを覚えます。

私が誰にでも最近勧めているお店が、大阪のm性感のお店です。 このお店は、女性が一方的に責めてくれるので、初めての男性でもきっと感じたことの無い快感を味わう事ができると思います。 私も初めての時には、ちょっと緊張していたのですが、エッチが大好きな痴女がうまくしてくれたので、びっくりするほどの気持ちよさでした。


特に癖になってしまっているのが二つあります。 一つは、亀頭責めです。 これは絶頂した後の敏感な下半身をさらに刺激の強い亀頭責めで苛めるのです。 あまりの気持ちよさに気分は、性的な奴隷になったかのような感じです。


痴女は、責めを辞めずに苛め続けるので多くの男性は連続絶頂や男の潮吹きを迎えてしまうのです。 そしてもう一つ癖になっているのが、聖水プレイです。 ペニスに絶頂を迎えそうになるとオシッコをかけてくれるのです。 もうどうとでもなれという解放感で、いつもよりも何杯もの気持ちよさが味わえて癖になります。 この様な素敵なお店ですので、みんなに勧めています。

日常生活では、エッチの時には男性が主導で女性をリードすることが多いと思います。 しかしそれでは、男性は十分にエッチの気持ちよさを堪能できない場合が多いです。 さらに彼女や奥さんは特別なテクニックを持っていないことが多いので、新しい性感を開発するなど夢のまた夢でしょう。


そんな多くの男性たちを性的に解放してくれるのが、大阪の痴女風俗です。 ここでは男性は完全に受け身で楽しめるので、快楽のみを追求する奴隷のようになって日ごろの立場をかなぐり捨てて、みっともない姿で痴女に苛められてみましょう。 その日常的な体験がきっと気持ちよさを倍増してくれるはずです。


特に日常ではまず味わえない3pなども楽しめるのが特徴です。 二人の美女が自分一人を気持ちよくしてくれるのです。 こんなのは、こういう風俗店以外ではまず味わえないでしょうからせっかく風俗で遊ぶのなら、こういう3pなどを堪能しても良いでしょう。 すべて受け身で二人の美女が気持ちよくしてくれるのはまるで天国にいるかのようです。

今まで味わってきたどんな射精とも違う、特別な気持ちよさが味わえたのが大阪の痴女風俗でした。 このお店では、エッチな格好をした女性が男性をすべてリードしてくれて、一方的に快感を与えてくれるお店なのです。 男性は何もしなくていいので、仕事帰りにつかれている時でも大丈夫と聞いたので先日試してみました。


やってきた痴女は、見た目は普通の女子大生といった感じの女の子でした。 しかし、エッチなマッサージがはじまると耳元で信じられない程のエロイ言葉を囁きながら、私のデリケートな部分をマッサージしてくれます。 思わず目を見開いて体を硬くしてしまうほどの気持ちよさが襲ってきました。


それだけ気持ちよくても、すぐに絶頂にはさせてくれません。 ギリギリのところをせめるので思わず、もっと気持ちよくしてくださいと奴隷のように哀願してしまいました。 それを見てにっこり笑って彼女はさらに焦らしプレイを続けました。 もうだめだ、と思ったあたりで一気に気持ちよくされて格段の快感で絶頂しました。

仕事のストレスを風俗に通って発散する男性は多くいます。 特にそのようなストレスを発散するためには、大きな声を出して気持ちよくなれる、女性先導型の風俗の方が効果的です。 まるで奴隷のように痴女に導かれて、びっくりするほどの気持ちよさを堪能すれば日ごろの疲れやストレスなど吹っ飛んでしまうでしょう。


そのようなプレイを一番楽しめるのは、なんといっても大阪のm性感でしょう。 ここでは、女性には男性側からはなにもできません。 だからこそ、気持ちよい事だけに時間をフルに使う事ができるので、ソープランドやヘルスよりも価格的にお得なのです。


痴女たちのプレイは、日常では全く味わえない独特のものです。 強制顔面騎乗でセクシーなヒップを顔に押し付けられて、気持ちよく窒息しそうな気分を味わえます。 気持ちよくてもなかなか簡単に絶頂には導いてくれない焦らしプレイのおかげで、絶頂感を求めて大きな声を出してしまう人もいるほどです。 それほどの非日常空間で、ストレスを発散してみるのも良いでしょう。

男性側の身体を痛めつけるプレイで、どれだけ愛情を感じさせる事ができるのか、女性側がチャレンジしているようにも思えるプレイを、大阪のM性感風俗で楽しませてもらえます。 痴女がお客さんを奴隷扱いしてくれる風俗として有名で、男性を動物のように四つん這いにさせながらも、愛情を込めてお尻を撫で回してくるといった責めのバランスが好評です。


奴隷として扱われる事が悔しく感じる男性こそ、このプレイスタイルを楽しんでみるべきであり、その悔しさが次第に快感に変わっていく事が実感できます。 お尻を愛撫されているうちに、女性の心がこもったプレイなのだと感じられて、この女性が相手であれば罵倒をされても構わないと思えるはずです。


言葉責めを行いながら、男性側がとるべきポーズを指定してくるなど、女性の言葉一つで自分の自由が奪われていく事に興奮を覚えられます。 どうすれば恥ずかしさを高められるのか、女性側が熟知しているという事を、ポーズの選び方だけで実感できることでしょう。

本当に興味本位で、もっと言うならば、友人に話すネタになる程度に思って、大阪のM性感風俗を利用してみることにしました。 そしてせっかくならばと、ただの性感マッサージを受けるのではなく、奴隷として扱ってもらう、そんなSM風の責めをお願いしてみたのです。


責め役を担ってくれますのは、このお店自慢の痴女でした。 そのオーラからいやらしさがビンビン伝わってくる女性だったので、それなりに楽しめると直感しました。 そして女王様と奴隷という禁断のプレイが開始されたのです。


まるで適当な物のように扱われることに、最初は可笑しくもあり、屈辱にも感じました。 しかし女王様の調教が進んでいくうちに、その心境が変化していったのです。 屈辱感の中にも、少しだけ興奮する部分が感じられる。 しかも、その興奮が徐々に大きく広がっていくのです。 気がつけば大股を開かされ、アナルまでパックリと丸見え状態の恥ずかしいポーズにされていました。 しかし痴女にそうされることを当たり前のように受け入れている自分がいて、最後は蔑んだ言葉を浴びせられながら、強引な手コキで射精させられてしまいました。

大阪で人気の痴女性感フェチ倶楽部では、スケベな痴女が男性の体をじわじわといたずらしていきます。 すぐにフィニッシュに持っていくような風俗も多い中で、逆にスローセックスで、徐々にエスカレートしていくのが特徴です。


卑猥な言葉責めを浴びせられながら、恥ずかしい体勢にさせられ、まさかのアナルが広げられ、指やアナルバイブが突っ込まれる。 まるで、性の奴隷にされているような感覚になってきます。 さらに亀頭責めや乳首舐めと続き、思わず女性のように声が出てしまうことでしょう。 しかし、痴女の責めは止むことはありません。


そして、絶頂に達する直前に寸止め。 絶頂に達したくても、行かせてくれないのです。 手足を拘束されているので逃げることもできず、さらに責められます。 最後は手でフィニッシュしてやっと解放されます。 この非日常的な快楽に、病みつきになってしまう男性は後を絶ちません。 ただ、熱いとか痛い、怖いなどと言ったプレイはないので、安心してください。

大阪に行ったら体験したいのが、女王様の奴隷になれるm性感です。 m性感では男性客がMとなり、Sの女性コンパニオンから性感マッサージをメインとしたサービスを受けます。 基本のルールは、受け身オンリーということで、男性客は女性コンパニオンのなすがままになり、女性コンパニオンに自ら手出しをするのはご法度となります。


女性コンパニオンに自ら触ることはできないだけでなく、どんなに執拗に責められても、その手を振り払ったり逃れたりもできません。 ちょっと待ったとか、ストップというのも効かないのです。 とことん刺激されて気持ちよくされ、快感がマックスを超えて身悶えするほどの興奮を覚えることでしょう。


奴隷になったあなたの顔面に、女王様が股間を押し付け臭いを嗅がされたり、男性の弱い部分である乳首をこれでもかというほど舐めまわされたり、指先で揉まれたりします。 希望すれば前立腺マッサージもしてくれて、恐ろしいほどの快感を味わうこともできるのです。

身体のあちこちを痛めつける様なプレイを行いながらも、傷は出来ない様に力加減を調節してくれる大阪のm性感だからこそ、傷が出来たら目立ってしまう部位の責めも受けやすいです。 背中などは痛め付けてもらった際に、奴隷としての興奮に目覚めやすい部位ですから、拘束プレイの途中にでも背中を痛め付けてもらうべきだと思います。


女王様に背中を叩いてもらった直後などは、背中に赤い跡形が付いている様に感じたのですけれど、その赤みは直ぐに引いてくれて安心出来ました。 鞭ではなく手の平を使って背中を叩いてもらうと、広範囲が一度に痛め付けられている様に感じられますし、女王様の手で直接的に痛みを与えてもらえたという満足感も得られます。


そういった満足感重視のプレイも受けられるからこそ、奴隷として直ぐに目覚められるのが、この大阪のm性感の良いところではないでしょうか。 たっぷりと痛みを堪能した後に、性感マッサージを受けられるというプレイ内容の豊富さも気に入っています。

大阪には様々な風俗店が軒を連ねていますが、苛められたいという願望がある男性におすすめなのは、奴隷やm性感プレイができるお店です。 最近、この手のお店が増えていますので、それぞれ比較しながら、自分にあったお店を探してみると良いでしょう。 きっと、苛められたいという願望を満たし、興奮も最高潮でフィニッシュすることができますよ。


人間には苛められたという性的願望のある人と、苛めたいという性的願望がある人がいます。 しかし、普段の生活でその願望を満足させることはなかなかできるものではありません。 ところが、大阪の風俗店に行けば、このような性的願望を満たしてくれるお店があり、風俗嬢はプロフェッショナルなテクニックで応えてくれます。


言葉攻めを中心に、軽いSMが入ることもあります。 どのようなプレイが用意されているかはお店によって違いますので、まずはお店の情報をサイトなどでよくチェックし、できれば口コミなどの情報も参考にすると良いでしょう。 新たなmの喜びを発見できるかもしれませんよ。

関西の大阪へ出張に行った際、何か面白いサービスが無いかとインターネットを見ていたところ、奴隷になって性感を楽しめるサービスを発見したので、私にはピッタリだと思ってこの出張サービスを利用することにしました。


私は日頃から風俗店へ遊びに行くことはありませんが、他の風俗店にはないサービスをやっているのなら利用してみたい気持ちが強くなります。 大阪にはこういった変わったサービスをやっているみたいなので、やっぱり大阪は一味違うなと思っていたのですが、そんなときに部屋に女性が訪れたのです。


その女性の見た目は女王様ではありませんでしたが、愛らしい印象がありました。 ただプレイが始まると一転して彼女は女王様となり、私は奴隷と化してしまいました。 プレイ中は彼女に抵抗できませんでしたし、全てを支配されるかのように私を責め続けてきたのです。 女王様の思うがままに責められて性感を与えられるのは気持ちよかったですし、私はこの日の夜に魔法にかけられたような不思議な体験をしてしまいました。

大阪の風俗店の中でも、奴隷体験ができるお店もあります。 しかし自分はノーマルと思っている方は、なかなかそういったお店に興味を持たないかもしれません。 実はこのような専門風俗店こそ、普通のいやらしい時間が好きな方でも楽しむ事ができます。


中でも性感マッサージを取り入れているお店では、痛い奴隷体験はありません。 すべてが気持ち良く快感な奴隷体験をする事ができるのです。 まずは体全身をマッサージしながら、その人の敏感な部分を中心に刺激をしてくれます。 特に太ももの内側や乳首のあたりを、念入りに刺激してくれるのです。


そして体の緊張感も取れてきたところで、いやらしくなっている局部を顔の上に乗せてきたり、手足を縛って亀頭責めをしてきます。 普段とは違うそのプレイ自体に感じてしまって、我慢汁も止まらなくなるでしょう。 そして最後にはアナルの中の前立腺部分も刺激されてしまう事になりますが、強烈で深い快感を味わう事ができます。

綺麗な女の子に支配をされて奴隷になりながら、いやらしい時間を送ってみたいと思っていました。 つい風俗店を探している時には、そういったお店ではなくヘルス店を選んでしまっていたのですが、今回は勇気を出して専門風俗店を利用してみる事にしたのです。


大阪にある性感マッサージも行ってくれるお店を利用する事にして、お店に電話をかけました。 初めて利用するお店だったので緊張しましたが、丁寧に説明してくれて分かりやすく好感を持つ事ができました。 そのまま女の子には、家まで来てもらう事にしたのです。


見た目がパーフェクトな女の子が来てくれて、まずは僕の体のマッサージから始めてくれました。 そのうちに目つきがいやらしくなっていき、上半身トップレスの状態でリップ責めをされたり、顔面騎乗もされてしまいました。 気持ち良くなり射精をした後は、アナルの中にも指が入ってきたのです。 ゆっくりと刺激をして長い時間前立腺を触られると、最後には気持ち良くイってしまいました。

射精のワクワク感が最も高まる瞬間、それはイク寸前です。 イク寸前こそ、言わば最も心身が昂ぶるタイミングになります。 出来ればそのタイミングを出来る限り長く味わいと思うのが男心です。 自慰だと直ぐに絶頂を迎え、出してしまうため、なかなか寸止めプレイは難しいです。


しかし大阪の風俗嬢にサポートしてもらえば、憧れの超快感が味わえます。 ユーザーを奴隷のように、エロティックに苛め抜いてくるお店がありますので、 そういった夜のサービスを活用すれば、じわじわ股間が昂ぶるオーガズムが体験可能です。


痴女なスタッフが進めてくれる、奴隷プレイは何も怖い夜遊びではありません。 心理的な拘束をされるものの、その支配は愛情の裏返しです。 女性に支配されるという背徳感溢れる状況下が、より一層の勃起を促進させます。 激しい手コキを受け、陰茎がビクビクと脈打つ瞬間に、風俗嬢の手はアソコから離されます。 思わずユーザーは「えっやめないで」と声を出してしまうレベルですが、 その寸止め状態こそ超快感の時間です。 そのプロセスを複数回繰り返される事で奴隷としての快楽が目覚め、 もう自慰ではまるで経験出来無かった、極上のフィニッシュ感を得られます。

今まで何度か大阪へ出張へ行ったことがあるのですが、夜ご飯を食べてから寝るまでの間、時間を持て余してしまうことが多かったです。 どこかへ遊びに行こうかと思いましたが、詳しい地理も分からないのでホテルで過ごしていました。


数日前に大阪へまた行ってきたのですが、その際私は奴隷になりました。 スマートフォンで近辺で遊べるところを調べていたときのこと、ホテルに女の子に遊びに来てもらうことが出来ると知ったのです。 寂しい夜ですから風俗遊びをしてもらえるのも嬉しかったです。


風俗遊びをお願いしたのも始めてだったのですが、奴隷になったことも始めてでした。 女の子が終始リードをしてくれるのですが、次はこれをしなさいなどと命令されるのです。 私は言われるままに命令されたことをこなしたのですが、よく話を聞くことが出来るのねと褒められました。 頭をなでられましたが、そういえば数年他人に頭をなでられたことがありません。 あたたかい気持ちになりましたし、また奴隷になりたいと思いました。

自分から責めるような風俗店にはよくハマって、今でも通っています。 しかし責められる女の子を見ながら、自分が責められたらどんなに気持ちが良いのだろう? という疑問が出てきました。 今度は自分から責めるばかりではなく、責められる体験もしてみようと思ったのです。


そこで大阪に奴隷体験ができるようなお店があるか探してみました。 すると自分で思っていた以上にお店が出てきて、風俗性感のお店もあったのです。 性感なのでマッサージなどを行いながら刺激をし、女の子が責めてくれるというようなお店でした。


緊張感もありながら楽しみな気持ちもあり、風俗店に連絡をして女の子に自宅まで来てもらいました。 女の子はいやらしい目つきで見つめながら、普段は聞かないような淫乱な言葉で責めてきたのです。 手足を縛っての亀頭責めもされてしまい、快感は頂点に達しながら女の子の奴隷としてイってしまいました。 その後もアナルマッサージを受けて、今まで感じた事のない感覚で気持ちよくなりました。

私はもともとMっ気があり、エッチの時も女性に責められたいタイプです。
しかし、現実にはS気質の女性とはなかなか出会えずにエッチの時もノーマルなエッチが多く、私の方から雰囲気作りなどをして私の方から積極的に責めるのですが、本当は女王様に奉仕するようなエッチをとても望んでいるのです。




例えば、ホテルに入ってシャワーを浴びる前から私の顔に女王様のアソコを押し付けられて、舐めさせられるのです。
ムレムレなアソコを無理矢理クンニさせられて、恍惚の表情を浮かべる女性の為に、奴隷となって、女王様の聖水を浴びたり私の口の中に、足を突っ込まれて舐めさせられたりしたいのです。
そして、私の手足を拘束して、女王様のされるがままに乳首や私の敏感な所を刺激されて、顔面騎乗で強制的にクンニ奉仕して最後に女王様にお願いして、射精してみたいのです。




先ほども書きましたが、実際にこういった女性と出会うのは無理なのでせめて風俗でなら楽しめると思い、奴隷としてエッチしてくれる風俗を探しています。
最近では、男性の需要も色々あり、対応してくれる風俗もあるので風俗で、思いっきり奴隷プレイを楽しみます。

最近は性感マッサージとSMを組み合わせ、多くのバリエーションで楽しむ風俗サービスが人気です。


関西では特にストーリーまでつけてプレイすることが流行っているらしく、女王様と奴隷のプレイなど、かなりコアな設定があります。


大阪はこうしたシチュエーションを設定したプレイがこてこての環境で行われるので、風俗嬢ものりのりでプレイしてくれるのです。


いやがおうにもお客もヒートアップし、懇願したりいじめられるのを喜んだりと忙しいと聞きました。


今は性感マッサージなどでアナルへの刺激によるドライオーガズムなどが人気ですが、こうしたSM系のプレイによって起こる男の潮吹きなども注目されています。


大阪で奴隷プレイを楽しむ人たちは自分が経験したことをブログにアップして、その時の気持ちを赤裸々につづったりしているのです。


彼らの記録はけっこう男性の真実に迫る物があり、これからはアナルの快感や他の部分への刺激に目覚めることも多くなるでしょう。

 

大阪でsm好きで、拷問好きな人っています?どうも僕です。何故この様な事を聞くかというと、毎日奴隷の様に働いているのですが、これってsmや拷問好きな人やったら、仕事に活用できたら良くないですか?

 

例えば飲食店。お客様ご来店(女王様の登場)、オーダーの嵐(言葉責めの嵐)、長い拘束時間(長い拘束責め)、立ち仕事、座る事が許され無い(勃起、射精出来ない)、どうですか?何だか仕事(拷問)も楽しくなって来たんじゃないですか。

 

大阪に来て一生懸命やってきましたが、プラス思考では無く、sm思考を持って入れば良かったな、僕も仕事(拷問)を楽しめるサラリーマン(奴隷)になろう。

 

sm好きの友人に聞いてみよう!ヤツはsmに人生を懸けてる。常に昼休みには、女王様の有り難いメール責めを頂きながら、美味しそうに食事をしている。気付かれたらどうしようっていうのが、凄い快感になっているらしい。大阪で有名なsm嬢の奴隷の一人だと自慢げに言って来る。僕は友人に勇気を振り絞って懇願した「お願いだ!その大阪で有名なsm嬢の奴隷になりたい。」友人は嬉しそうに、これに耐えたら紹介してやる。とテーブルの下からブラジャーを渡して来た。

 

トイレで装着!「よっしゃ~、この拷問に耐えてやる。」と友人の所に戻ると、拷問と思ってるだろう。これは快楽!拷問じゃない!とスーツの上着を脱いで見せたカッターシャツから、ブラジャーのラインが見えた。僕の中でたしかにこの時、何かが壊れた!大阪に来て良かった。smに出会えて良かった。まだ会って無いsm嬢の奴隷になった気分だ。いつも拷問を受けている感覚だった仕事も快感に感じる。

 

仕事が終わると、急いで地下鉄に乗り込み大阪の日本橋へ向かい、こうしてsm嬢と奴隷契約を交わした。

 

人生を180°変われた僕は、お昼は友人とメール責めを楽しみ。帰りは大阪の日本橋にと、人生を楽しんでいます。

 

 

大都市にひっそりと存在する、多くの愛好家達が集う、サロンやクラブは今もなお、存在する。そんな愛好家の方々が集う場所なんて、私には全然関係ないと日々思っていましたが・・・。実際、人って分からないもので、実は自分の身近な知人や友人が密かに愛好家で、サロンやクラブの会員かも知れません。

 

私の場合は父親が、奴隷や拷問などを行う大阪のsmクラブの会員でした。そんな身内の密かな趣味や嗜好なんて気にもしなかったし、知りたくもなかった。父親の秘密ごとを知ってしまった私は、父親の言動一つ一つが気になり、実際父親の入会しているクラブでどの様な事を行っているのか調べてみる事に。

 

大阪は北新地に程近いビル街の一角にそのクラブは存在します!!

クラブの会員の多くは、それなりの収入や社会的地位のある方ばかり、では何故私の父親がそのようなクラブの会員なのか!?私の父親は銀行に勤め真面目なサラリーマンです。しかし、母から父の仕事を聞いてみると、バブル期には真面目な今の父親からは想像もできない程の感じだったとか・・・。

 

私はまだ幼かった為、何も感じませんでしたが。

 

銀行での父親は融資課に属し、銀行融資に関する業務をしているらしい。そんな父親なら、会社の役員や医者・政治家に至るまで、顔見知りな事も理解できる。父親が自分の趣味や嗜好で入会したのか!?はたまた付き合いで入会したのかは不明ですが、大阪の拷問smクラブの事を調べれば調べる程、父の素性がきになります。

 

家族に内緒の秘密の趣味!!

皆様はお持ちでしょうか!?

実際その秘密は誰が知っていますか!?誰になら教えられますか!?多くの愛好家は秘密厳守主義を貫き、今もなお、愛好家が愛好家である威厳を保っているようです。

 

 

みなさん僕のお話を少しだけ聞いてもらってもいいですか?
僕は大阪に住む32歳の中肉中背の中年です。僕には人にいえない悩みがありまして、
普段は全然普通の生活を送っているんですが、週末になると僕の生活は一変します。
それは、どのように変わるかとと言うと実は僕にはご主人様がいて調教を受けなければ
成りません。
あれは3年前熱い夏の日友達から誘われ、友達と一緒に初めは冗談のつもりで
SM風俗大阪店に行こうかと話になり勢いで行きました。それから、僕のこの人生の始まりでした。
その時選んだ女性はミーコという方で、ホテルの部屋に瞬間いきなりディープキスをされ、耳元で、『あなたは私の物になるわよ』と囁かれた。僕はプレイの一環だろうと思ってたら、はじめから、お互いの連絡先交換をし、それから普通のプレイをして、帰るとちょうど午前1時にメールが入り、住所と部屋番号と『今から待ってる』と書いたメールが送られてきた。僕は少し怖かったですけど、タクシーでその部屋に向かった。
部屋に着くとかなり頭のクラクラする匂いにつつままれていた。『これでも飲まない?』というとビールを目の前にあったグラスに注がれた。『私みたいの嫌い?』『い、いえ、好きです』すると彼女は、ワインを口に含み口移しに飲まされ、『ありがと』と妖艶な笑顔で僕を見つめている。
そのまま、ベットにおし倒れ熱い抱擁しながらのキスで迫って、僕はされるがままの状態になり何故かわからないけどそれから記憶が無くなった。次の日書いた記憶はないんですが、彼女との間に奴隷契約書を交わしていた。
それから週末になれば彼女の家に行き記憶が無くなる日々が続いています。
SM風俗大阪店は本当に僕の人生を変えてもらいました。

みなさん僕のお話を少しだけ聞いてもらってもいいですか?

僕は大阪に住む32歳の中肉中背の中年です。僕には人にいえない悩みがありまして、

普段は全然普通の生活を送っているんですが、週末になると僕の生活は一変します。

それは、どのように変わるかとと言うと実は僕にはご主人様がいて調教を受けなければ

成りません。

 

あれは3年前熱い夏の日友達から誘われ、友達と一緒に初めは冗談のつもりで

SM風俗大阪店に行こうかと話になり勢いで行きました。それから、僕のこの人生の始まりでした。

その時選んだ女性はミーコという方で、ホテルの部屋に瞬間いきなりディープキスをされ、耳元で、『あなたは私の物になるわよ』と囁かれた。僕はプレイの一環だろうと思ってたら、はじめから、お互いの連絡先交換をし、それから普通のプレイをして、帰るとちょうど午前1時にメールが入り、住所と部屋番号と『今から待ってる』と書いたメールが送られてきた。僕は少し怖かったですけど、タクシーでその部屋に向かった。

 

部屋に着くとかなり頭のクラクラする匂いにつつままれていた。『これでも飲まない?』というとビールを目の前にあったグラスに注がれた。『私みたいの嫌い?』『い、いえ、好きです』すると彼女は、ワインを口に含み口移しに飲まされ、『ありがと』と妖艶な笑顔で僕を見つめている。

 

そのまま、ベットにおし倒れ熱い抱擁しながらのキスで迫って、僕はされるがままの状態になり何故かわからないけどそれから記憶が無くなった。次の日書いた記憶はないんですが、彼女との間に奴隷契約書を交わしていた。

 

それから週末になれば彼女の家に行き記憶が無くなる日々が続いています。

SM風俗大阪店は本当に僕の人生を変えてもらいました。

 

 

こんにちは~~わしやわしや西淀川区が生んだ紳士の超人ロビンマスク(わかるかなぁ~)

風俗探訪33年モンゴル次郎とはわしの事やで~!!何?貧粗なロビンウィリアムスみたいな

顔してからにって?ほっときなはれ。

みなさん久し振りですなぁ最近はどうでっか?とうとうWBC始りましたなぁ予選はまぁ大丈夫としても、敵はアメリカ、韓国、オーストラリアこの辺でっしゃろなぁ山本はん頑張ってなわしゃホントに応援しとるで、もし三連覇したら、わしはミナミで、お祭り騒ぎしたる。一人で、あ~誰か嫁はんきてくれんかのぅ何か寂しゅうなってきた。

 

今日紹介しようと思ってるのは、初めてちゃいますかな、大阪でSM風俗を探訪してきました。友達の紹介してもらい、ある受付カウンターに行きパネルで選びましょうか?

おお~ベッピンさんばかりやな『スタッフさんのおすすめは?』『間違いないです。』と一人のなんや、小柄で、おとなしそうな感じやな大丈夫かいな?と思いながらもホテルで待っていると5分ぐらいで、到着し挨拶も簡単にすませたら、スグにシャワー浴び『なんや~小柄で、小さいのに出るとこでてしまるとこしまっとるなぁ』シャワーから出ると早速

両手をベットに縛られて、しかも目隠ししてなぁ、まるで奴隷やなゆっくりと爪で全身をまさぐられ、思わず声がでるがな、『ううう』『あれ?感じてるの?』そらー感じまっせ

わしを誰だとおもっとるねん!!情けない事に先走りMAXや『とらとらとら』や、なんや何言うてるか分からんうちに、そのまま手コキで発射してもうたがな、こんなん早いのひさしぶりや、この大阪でSM風俗で奴隷みたくなるのもありでっせ!!!

モンゴル次郎嘘つかない

 

こんちわ!最近寂しすぎてネザーランドドワーフという小さなウサギを飼い始めたパンジーケビンアルヨ。

ウサギちゃんは寂しいと死んでしまうらしいですよ。わしも死んでまうっちゅうねんなこんなもん(笑)

この年になって金なし車なし彼女なし3Kの三重苦ってめっちゃ辛いよな正味の話。

 

若い時はモテへん方でもなかったんやけどなぁ。いつからこんなコトなってもうたんやろ。

まあそんなこと今更言うてもしゃあない。こんなしょうもない自分みたいなもんはSMクラブにでも行ってSM嬢に拷問地獄してもらうしかないわ大阪の十三かどっかで(笑)

お前みたいなもんがー!言うてやな(笑)

 

SMいうたら漫画やらテレビやらそんなもんの中だけの話や思取ったんですけど、こないだ冗談半分で友達と一緒に心斎橋のSMバーで飲んだ後SMクラブに行ってガンガン責めてもうたんですわ。

そしたらね、もうハマってもうて(笑)

 

ワシ痛いのんほんまはあかんねんけど、SMはまた別やな。痛いのんが段々気持ちよなってくるんですわ。変態なんかな、ワシ(笑)

今回は奴隷になりきってやな、女王様にドツキ回されるちゅうストーリープレイみたいなんをやってん。ストーリープレイ言うてもドツキ回すんは実際にドツクねんで。

 

ワシ多分ほんまはめっちゃSやと思うねん。せやから余計に「ドツイタふり」みたいなんが嫌やと思うねん。映画とか見とっても殴るフリしてビシッ!とか効果音バレバレの音とか鳴っとったら笑てまうねんもん(笑)当てブリ、言うねんけどな。

アナルの方もあんまりあかんねんけどこないだエネマグラっちゅうの?あれ突っ込んでみたら案外いけたわ(笑)

何回かやってみたらドライオーガズムっちゅうんもイケたしな。ごっつきもちええわアレ。たまらんわ。

SMと拷問はセットやけど大阪人の女の子に痴女やらしたらあかんわ。怖いわ(笑)


武道、茶道、剣道、武士道・・・
我が国日本には様々な「道-みち-」を求め究める道が存在する。

世間ではM性感やソフトSMなどがもてはやされているが、
真性ドMのわたしから言わせればそんなものは茶番だ。

SMとは、縛り、縛られ、精神のやり取りをする、まさに「道」の様なものでる。

特にわたしが納得いかないのは、世間のチャラチャラした男女が勘違いしている
「わたしは責めだからS~」であるとか
「彼は責められるのが好きだからM~」などと言う軽々しいしい感覚に他ならない。
そんなものでSやMが決まるのであればこの世にはSとMばかりと言うことになる。

わたしはそんなもの絶対に認めない。
わたしの認めるSM道は精神、心のやりとり、それだけである。

そんなわたしは、大阪のSM嬢に拷問をされることを「道」とし、
それを文字にすることを生業としている。

しかし、だからこそ、批判ばかりでは無く一度は体験してみなければならないと
強く感じ始めていたわたしは、
今回は大阪のとあるM性感でソフトSMとやらを体験してみたのである。

結論から言おう、「最高だった」と。
わたしはこれまでの数々の暴言を詫びなければならいない。

といっても、軽々しくSMを語る若者を認めてしまったわけではないが、
少なくともソフトSMやM性感に誇りを持って働いている嬢はいる。

SM道を掲げるわたしにとって、彼女達を軽視することは赦されない。

彼女達に最大限の敬意を払う事は、自分の「道」を通すためにも大事なことだったのである。

SMにはSMの、M性感にはM性感の良さが有る。
いや、もはや別物と言っても過言ではなかろう。

菊の花びらに異物を突っ込み、こねくり回すという作業は、
今もわたしの心を熱くし、「道」を究める動機を掻き立ててくれるのである。

わたしは死ぬまでこの「道」を探求しつづけるのであろう。

私の趣味は1に風俗、2に車、3・4も風俗で5も風俗です(笑)
風俗にも様々なジャンルがありますが、ソープ・店舗型ファッションヘルス・派遣型ヘルス
ピンクサロン・セクキャバ・m性感・SMと多種多様ですが、私は最近このSMに
興味を持ってしまいましたのです。

そのきっかけとなりますのが1本のアダルトDVD(以下AV)なのですが
たまたま近所のレンタルDVDショップで5枚レンタル1,000円キャンペーンなるもの
をやっており数合わせで借りたAVのなかにそのDVDが混じっておりました。

内容は風俗ライターが、数々の有名風俗店を実際に体験するのがコンセプトでしたが
その中の1軒が関東の某SM倶楽部でした。最初は惰性で鑑賞していたのですが
途中から食い入るように画面を見つめていました。
その体験しているライターも最初は半笑いでノリよく調子を合わせていたのが
中盤からまるで奴隷のようになっているのです。。。。。

更に女王様から顔面に聖水(おしっこ)を浴びせられ恍惚の表情で勃起し、
最後には自分の口へ、女王様の唾液をおねだりする始末です。
私にはMっ気なんて皆無と思っていましたが、もし私の顔にあの綺麗な女王様の聖水
をかけられたら・・・・・・・。あの淫靡な口から排出されるいやらしい粘着質の唾液を
私のチン○にかけられ擦りつけられたら・・・・・・・。手をロープで拘束され目隠しをされた自分・・・・・・。あの真っ白で綺麗に湾曲を描いたお尻を、私の顔に押し付けられたら・・・・・・・・。
命令口調で奴隷の様に扱われたら・・・・・・・。

いつの間にか映像の中のライターを自分に置き換え妄想している自分に気づきました。
もちろん、はち切れんばかりに勃起したチン○は我慢ならず夢中でシゴキ続けていました。
自分はMの素質なんて皆無だなんて思っていましたが新たな発見です。
今では私の住む大阪で現在穴場なSM店を探索する毎日です。

私はいつからか自分がかなりのMであると自覚し始めました。

普通の風俗では満足出来ず、M性感にお世話になっていましたが、そこでますます自分のM心が更なる成長を遂げてしまい、今ではSMプレイが大好物になってしまった私。

 

彼女や奥さんでは、私が究極のMであることは隠していたので、欲求を満たすことが出来ず、SMクラブに通い始めました。

 

そして私は奴隷になり、調教されることに一番興奮を覚えてしまうようになりました。

しかし、奴隷とは何かを理解できていない人は多い。

例えば首輪を嵌められてかわいがられたいとか縛られて玩具責めだけされたい。というのはSMごっことかペットの領域だ。奴隷ではない。

辞書によると「奴隷とは人間としての権利・自由を認められず、他人の私有財産として労働を強制され、また、売買・譲渡の対象ともされた人」と記されている。

これは実際の奴隷のことで、古代ギリシアのローマや近代アメリカに現実にあったことだ。SMの奴隷もここから来ているのだから、「奴隷がしてほしい調教を御主人様がしてあげる」ということにはならない。それはSMごっこだ。

 

 

SM奴隷も「人間としての権利や人格は認められず、御主人様の所有物として調教を強制される生き物だ」奴隷がご主人様に希望を言うことなどありえない。身分は家畜以下だ。

 

御主人様の所有物ということは調教中だけでなく、日常生活も管理対象となる。奴隷に拒否権はない。このような奴隷への調教は身も心もボロボロにする調教が相応しい。泣いたからといって許してあげるような調教にはならない。

 

俺はSMごっこをしたいわけではないので、このことを理解できる奴隷を募集している。俺はハードMなので、ノーマルな恋愛は出来ない。このような奴隷しか愛することが出来ないが、これも愛情表現の形だ。

 

なかなか世間一般の方には理解出来ないかもしれませんが、これが私の性癖なのでしょうか?

大阪で風俗に行ったのですが、性感を高めるのが非常にうまく感動しました。

私もそうですが、やはり女性が感じるところは男性も感じるらしく

首筋に舌を這わせ耳穴にも舌を入れたり、息を吹きかけたり、耳に小指を入れたりと しばらく舐め上げたり その他としては、背中とかで女性と感じるところは変わらないでしょう!

 

自分が感じるところは相手も感じるということですね!

男性独特な場所としては、玉袋ですね!

口に含んだり、舐めたりすると感じちゃいますね。

そして、玉袋とおしりの間の蟻の門渡りと呼ばれる部分は、ペニスの次に感じる場所ではないでしょうか!

 

そして最後は肛門ですね。大阪のお店でも、ここでいっきに性感高まりました。

しかし男性のすべてが感じるとは限らない性感帯です。 舌でつんつんしたり、舐めたり、舌先を入れたり、指を挿入したりと、いろいろやると感じる人は感じちゃいます。

俗に言う前立腺マッサージですが、行うのは中々難しく相当練習しないとできないとのことですね、感を掴んでしまえば、ツボの場所がすぐにわかるということです。

肛門をいたずらするのは男性は感じても感じなくてもお尻を舐めてくれたということで、特別な意識で嬉しく思うものですね。

 

何と言うか自分が女性の奴隷にでもなったかのようなM男的な感覚に陥る感じがしてそれはそれで、悪くないと言うか生まれて初めてM男の気持ちが分かるような気がしました。

 

普段私は、仕事でも上の立場で下の人間を指導する立場なので、日頃から怒ってばっかりですので、時にはこのように一方的に攻められ、いじられるのも良いものですね。

今回のでちょっとハマってしまったので、近いうちにまた利用してみようかなって思います。

私が今ハマっている風俗遊びはソフトなSをしてくれる風俗です。

まぁ奴隷みたいなプレイはキツイですが、ソフトにいじられるのがポイントです^^;

 

実は結婚してまだ1年で新婚ホヤホヤですが、風俗にハマってしまいました^^;

なぜなら、(あくまで私の推測ですが)男性はSとM両方の性癖を持っていると思います。

そのうち、Sは妻で!Mは風俗で遊ぶという事です!

そんな男性沢山いると思います。

 

肝心な場所ですが、自宅が大阪市内にあるのですが、難波に痴女の風俗店がございます。私はそこのお店の常連で、今までほとんどの子につきました。

なかなか本指名ができず、悩んでいました。

 

ある友人から、新しいお店が出来たから行ってみてくれとお願いされました。

今の難波にあるお店には少し飽きていたので、丁度良かったです。

そしてお願いしたのが、大阪痴女性感フェチ倶楽部です。

HPをみても、いやらしそうな女性が写っていて、想像が膨らみます。

 

ちなみに、私の好きなプレイ内容ですがソフトの中にも一番重点を置いているのが言葉責めです。器具等は私にありません。。。

 

初めは奴隷のようにMを堪能してやる!と意気込んでいましたが、合いませんでした。

よくテレビでやっている、蝋燭たらしや鞭等は想像以上に痛く、私には快感とは思えませんでした。少し残念ですがそういう流れになりました。

 

そして、当日!

大阪痴女性感フェチ倶楽部に電話を掛けました。なにやら電話がなかなか繋がらなく、忙しい様子でした。やっと繋がり、スタッフも疲れていそうだなと思いましたが、一流のホテルを思わせるほどの丁寧な対応でした。

 

それを聞いて私はこのお店の常連になりそうだと直感で思いました。

私の持論では、イイお店はイイ電話対応となっているのです。

また報告します。

私は元々特にM気質があったワケでもないですし、こと性的な嗜好に関しては至ってノーマルでした。妻とのセックスライフにも特に問題があったワケでもなく、もちろん不倫や浮気はした事がありません。

 

ただ、一つだけ辞められない趣味として、月に一度の風俗通い、というのがありまして・・・。まぁこれを浮気だと言ったらそれまでなんですが・・・。

で、ある日、風俗仲間の同僚と『普段は行かないようなジャンルにチャレンジしてみよう』という事で行ってみたのが、大阪のSMクラブ型風俗店でした。

 

SMの世界なんてもう完全に素人、というか知識ゼロの状態でしたが、電話受付ではそういった初心者でも楽しめる嬢がいる、との事でしたので、行ってみる事にしました。

SコースとMコースが選べるようでしたが、素人が下手にSのフリして嬢を怪我でもさせてしまったら大変だと思い、ひとまずMコースでそっちの世界を覗いてみることに。

 

結論から言うと、完全に自分の中に眠っていた奴隷の血が目覚めました。

人間誰しもが何らかの嗜虐性を秘めているものだとは思いますが、まさか自分がここまで虐げられる事に快感を思える人種だとは思ってもいませんでしたので、この世界が切り替わった感覚は誰かに話さずにはいられない感じなのです。

 

嬢=女王様が本当に素晴らしい方だったというのも、私が目覚める上で重要な要素だったと思います。私が不慣れな事を踏まえた上で、絶妙に強弱を付けて言葉攻めやスパンクなどソフトな刺激を与え、徐々に性感が高まっていったらそれに合わせて段々と扱いをより奴隷方向に強めていってくれるのです。

 

女王様のハイヒールで尻の穴をグリグリされながら唾を吐きかけられてボロクソに罵られた時など、気が狂いそうなほど恥ずかしいのに、ペニスの怒張は鎮まる事を知らない勢いで、触れずともイってしまいそうでした。

あの快感を味わうために、私は今日も奴隷として虐げられに夜の街に向かうのです。

奴隷と言う言葉を聞くと私はゾクゾクしてしまう。

私がSっ気があるからだと思うが、可愛らしい女性が二人きりの時に従順に私の欲求を満たしてくれるのは世の男なら憧れさえ抱くだろう。

 

最初からそう言った女性を探そうとしても難しい。女性の奥底に眠るMを見いだせるかどうかが勝負の分かれ目だ。そんな私の簡単な経験を書いてみよう。

 

初めての女性とベッドインしたときに普通のSEXで終わらせるのは簡単なことだ。

しかし、従順な奴隷になってくれるかどうかは最初で決まってくるものだ。初めての女性で誰もが緊張するだろう。それは私だって同じことだ。そこで勇気を振り絞ってヤラシイ言葉を言ってみてほしい。初心者の言葉責めの例として簡単に記述する。

 

挿入し腰を動かして女性が気持ちよさそうにしていたら、そこに被せるように

 

「もうこんなグチョグチョでやらしいマ〇コだね」とか、

 

わざとヤラシイ音を聞こえるようにして

 

「ほら、聞いてごらん。やらしい音が聞こえる?」など、

 

そんな簡単な初心者的な言葉攻めを女性に行ってみて反応を知るのだ。素質のある女性はこの段階でもっと激しく興奮し燃え上がってくる。

それに気づけば後はこっちのもの。余韻をのこしたままで後日に繋げるのが良いと思う。

 

会うたびに言葉をエスカレートさせるのも良い方法だ。素質のある女性ならどんどんエスカレートしてくる。

 

ただここで初心者が陥りやすいことがある。例えば女性にやらしい言葉を言わせるときである。

 

「俺の大きいチ〇コを舐めたいって言ってみな!」

 

このような言葉を女性に言ううちは初心者の枠を出る事が出来ない。こちらから何も言わなくても女性から

 

「貴方の大きいチ〇コを舐めさせてください」

 

ここまで言わせなければ男側に素質が無いということだ。

自分から言って言わせるのではなく、女性が我慢できなくなって言ってしまう。

これを間違えると二人の関係は終わってしまうと言う事だ。

 

この点をわきまえて言葉責めを行ってほしい。

大阪で今オナクラと呼ばれる風俗店がある、ということをご存知でしょうか。

通常のメジャーな、ヘルス、デリヘル、ピンサロ、ソープなどと言ったところに比べて、若干馴染みが薄いということもあるかと思います。

 

オナクラでは、女の子にお触りをすることは禁じられています。

何をするのかというと、女の子が居て、その女の子に自分がオナニーをしているのを見てもらう、というお店です。料金は通常のお店に比べて安く、

30分で5000円程度となっています。

ただ、店舗型ではない場合、これにプラスホテル代などがかかってきます。

 

今まで多くのエッチな店を利用してきた私としては、この大阪でオナクラが流行っている事が全く信じられない。なぜならただこっちのオナニーを女の子に見せるだけで、何が楽しんでしょうか、そして何でお金を払ってまでそんな事をしないといけないのか全くわかりません。

 

本当にかなりのMっけがある人が利用するぐらいだったら分るんですが、なぜ流行っているのでしょうか。

 

それは多分最近の若者の中でもM気質の人が非常に増えているからだと思います。

特に大阪では、M専門のM性感というような風俗店が多くあり大変人気を博しております。

一見大阪の男性は元気で男らしくて、おらおら系の方が多いというようなイメージがありますが、意外と気が弱く外で無理してみえを張る事が非常にストレスになっている方がいると言う事で、そういう方々には、このM性感と言う店やオナクラというのは、女性に甘える事もできるし、M性感ではマッサージを行ってくれるので、精神的にも体力的にも凄く癒されるので、大人気と言う事です。

 

大げさに言うと、男性は女性の奴隷のようになり、プレイを楽しんでいるのですねー

いやー本当に色々な理由で風俗と言うのは、流行るものです。

 

 

 

皆様、こんにちは。

私は大阪に住む、ごく普通のサラリーマンです。

 

こんなタイトルで始まってしまいましたが、私が今回体験した話しを書いていこうかと思っています。

 

いつもの私は至ってノーマルと言いますか、普通のSEXで満足していました。

特に性癖も無く、若干Sっ気が強いかな?位でした。

 

刺激も何も無く、いつもの日々を過ごしていた時の事です。

会社の同僚が、こんな所に遊びに行ったと言うのです。

 

【M性感】

 

Mで性感?

誰が?

 

聞き耳を立てていると、どうやらお客さんが女性に責められる内容らしいです。

普段は同僚の遊んでいる事など気にしないのですが、その時の同僚は、是非利用した方がいいと熱く語っていたのを今でも覚えています。

 

そんな熱く語る同僚の言った事が気になり、家に帰ってから調べてみました。

どうやら女性の方から痴女的に責めてくれ、こちらは完全受け身らしい。

 

その責め方にも多数のバリエーションがあり、色々楽しませてくれるらしいとの事は分かりました。ちょっとSっ気がある自分が、果たして楽しめるのかな?

そんな心配もしましたが、王様気分を味わえるならこれはこれでありかなと。

 

そして、とうとう家に呼ぶ日がきました。

ちょっと調子に乗って、上から目線で話しちゃいました。今思うと、あんなに責められて悶えた姿を見られて・・・

 

まずは、自分がアソコまでM奴隷の様に扱われてしまうものなのかと。けして痛みが伴う等はないので、ココらへんは安心して下さい。

 

寸止めや焦らしで、ついつい敬語でしゃべってしまう所でした。

早くイカせてもらいたい。

でも、もっとあの快感を味わっていたい。

 

今までの性体験は子供の遊びでした。本当にそう思わせてくれるほどの快感です。

 

是非皆様も一度体験されてはいかがでしょうか?

自分の性癖の分からない方や、Sっ気・Mっ気の強い方。

 

全ての味方です。

どんな方でも一気に快感に導いてくれます。

あの時、同僚の話しを聞いて本当に良かったです。

 

 

痴女様にお会いするようになって初めて体験した「前立腺マッサージ」

この凄まじい快感の虜となった変態マゾ男の一人です。

お使えしている痴女と出会ったのは大阪痴女性感フェチ倶楽部。

 

キレイなお姉さまに本物の快楽を教えていただきたくて会員になりました。

ホームページを見ていると、綺麗な女性ばかりでビックリしたのを覚えています。

早速、痴女をチョイス!待ちに待った痴女が登場!

痴女は最初からいやらしい言葉で私を興奮の渦に!

「じゃ、すっごいキモチイイの教えてあげよっか?」痴女の言いなりになるばかりです!

 

初めてお会いする痴女さんは若くてスタイル良くてキレイで。

かなりビビってましたが、その姿が痴女スイッチを入れたようで「かわいいねー」とベッドに押し倒されてしまいました。

 

服を剥ぎ取られ、恥ずかしい格好にされ、いろんなトコロを触られます。

自分でも無意識に「アッ!アンッ!」と女の子のような喘ぎ声を出していました。

ふと、女性の手がお尻に!さわさわと撫でられ、くすぐったいような感じに腰が動いてしまいます。

 

そんな汚いところを女性に触っていただくのが申し訳なかったのですが「ココが気持ち良いの!汚いトコが一番イイの!」ローションたっぷりぬられてアナルを広げられた時は、初めての感覚にビクビクと痙攣!

 

そして、ローションでヌルヌルになったアナルに痴女様の細い指がニュルリと入って・・・

凄まじい快感と共に勝手に腰が動いて大量に射精してしまいました。

自分の意思とは関係なしに射精!そして前立腺マッサージを続けられるとまた勃起!

痴女様の気が済むまでオモチャにしていただくことに喜びを感じる変態マゾとなりました。後でその痴女にお話を伺うと、男を快感に溺れる姿にするのがお好きなようでM性感風俗店に入ったそうです。