スマホ版に切り替え

HOME -> 女王様 -> ずっと目線を外さない大阪m性感の女王様

ずっと目線を外さない大阪m性感の女王様

大阪のm性感を利用した時、最も興奮したのは、仰向けになっている私の上に女王様が跨がってきた時でした。 下から見上げるその光景は、鮮やかな赤の下着姿で、しかも下はTバック、ブラジャーはその後脱ぎ捨てられ、その形よいバストの揺れを見放題でした。


女性からこんなにも大胆に迫られた経験の無い私は、この瞬間、胸が痛くなるほどの強い鼓動を感じていました。 それが彼女に伝わってしまうのでは、とビクビクしていましたが、既に彼女には筒抜けでした。 その後は、上から覆いかぶさる状態で、全身をくまなく刺激されていきました。


首筋を乳首をと、責めるポイントを変えるごとに大きく反応してしまう私を、蔑むかのような目でじっと見つめているのです。 そのまなざしに、つい目を逸らしてしまうのですが、彼女がグッと首を正対させ、それを許してはくれませんでした。 そして射精に直結する手技が行われている時も、じっと私の表情を見つめたままで、イク瞬間の表情を見られる恥ずかしさを感じながら果ててしまいました。


カテゴリ: 女王様