スマホ版に切り替え

HOME -> ボンデージ

AVの世界でしか見たことがなかったボンデージ、一度目の前で見てみたいと思っていました。 大阪のデリヘルではボンデージ姿をリクエストできるということで、お願いしてみることにしました。 すると、コスプレだけでなくSっ気たっぷりの女王様がやってきたのです。


真っ赤なボンデージに黒の網タイツ、ムチムチの脚にそそられます。 胸元には大きな谷間ができて、弾力のありそうなオッパイが見え隠れ、キュッと上がった形のいいお尻も、いっそう魅力的に見えました。 見た目のインパクトで興奮しながら、さらに卑猥な言葉を投げられて興奮度がどんどん高まっていきます。


顔はとてもキレイなのに、そんな言葉を言うなんてというギャップにゾクゾクし、さらに乳首攻めや顔面騎乗などやりたい放題で、身をくねらせて助けを求めても、大きな喘ぎ声をあげても許してもらえません。 そうかと思えば、バキュームフェラと手コキでビンビンに感じさせられたところで、寸止め、女王様のテクニックにすっかりやられてしまいました。

ローソク責めはロウの熱を楽しむものだと考えられがちですが、何度もプレイを楽しんでいるとローソクの明かりによって、部屋が卑猥な雰囲気になっている事まで喜べる様になるのです。 そんなローソクを使った雰囲気作りに役立ってくれるのが、ボンデージというコスチュームなのだと大阪のSM風俗店で気付かせてもらう事が出来ました。 ある程度は光も反射する素材を使ったコスチュームだからこそ、ロウソクの光がエロティックに反射して見えてくれます。


元々セクシーな雰囲気を持っているコスチュームだからこそ、ローソクの明かりによって更なる興奮を生み出してくれるのも最高です。 そんなセクシーさに包まれた女王様がローソク責めや、鞭打ちプレイを同時に行ってくれるところも素晴らしいと思えました。


ただSMプレイの感覚を身体で楽しんでいるだけでも良いですけれど、心からプレイに満足したいのであれば、コスチュームを含めた雰囲気作りにもこだわってみるべきです。 そうする事で、今まで以上にSMプレイを心から愛していける様になります。

風俗は自分の欲望を存分に満たしてくれるお店が沢山あります。 それは女の子の質やそのスタイルなど好みの子を見つけるという意味でもありますが、それだけではなくて自分のフェチに特化したお店が必ず存在していてそのお店であれば女の子に気を使わずに自分の性欲を満たすことができるからです。


人それぞれ自分の興奮するツボというものは違います。 巨乳が好きだったり制服に興奮したり、または美脚を見ることで興奮する人もいます。 そんな中でコスチュームによって興奮する人が多いです。 ボンテージもそんなコスチュームの種類の一つです。


女性がぴったりとした皮などのコスチュームを着ているのをボンテージといって、そのような服装はテレビや映画でしか見ることがありません。 なのでそのような非日常に興奮を覚えます。 大阪は実に多くの種類の風俗のある街なので、ボンテージを着た女の子が相手をしてくれるお店もあります。 ここで普段は見ることのない服装の女の子に相手をしてもらえば、普段以上の興奮を得ることができます。

その地方の方言によってこれだけ興奮するとは思いませんでした。 この前大阪に行った時ボンテージ専用のイメクラを発見したので入店することになりました。 そこのお店は熟女専用のお店であったため、熟女好きの私は興奮を抑えるのでやっとの状態になっていました。 指名した女性は50代のスレンダーな女性で、誘惑してくるような艶やかな出で立ちで登場してきました。


そしてプレイルームに入るなり私の性器を撫でてきて、耳元で卑猥な言葉を言い続けてきます。 ボンテージを私の身体に密着させてきて、網タイツを履いた脚は私の脚に絡められてとても興奮してしまいました。 そしてシャワールームに入ってもボンテージを脱ぐことなく、身体全体を使って洗ってくれました。


シャワールームからでてベッドに横たわると、いきなり顔面騎乗が始まり、私の顔に性器を擦りつけ絶頂し続けている姿がまた、私の性器を元気にさせてくれます。 そして最後はローションがぬるぬるについてるお尻で、尻コキして精子をいっぱい飛ばして終了したのです。

毎日通勤し、会社と自宅の往復をしているサラリーマンの方の中には、こんなつまらない日常から抜け出したいと思っている方もあるかも知れませんね。 もし普段から、夜の生活に物足りなさを感じている人があれば、その欲求を満たしてくれるお店に行くようにしましょう。


人はそれぞれ性的に興奮するポイントが違うものですが、男性の中にはボンテージを見ると、たまらない気持ちになるという方もあるでしょうね。 しかし恋人や奥さんにそんなことを言うと、引かれてしまう恐れがあるので、別のところで発散するようにしてください。


大阪にはボンテージの美女に出会えるお店が多くあるので、これまで興味はあったけど、行ったことがない方は足を運んでみると良いでしょう。 中には出張サービスをしてくれるところもあるので、お店に行きたい気持ちはあるけど、勇気が出ない人におすすめです。 明朗料金で利用しやすいお店を選べば、必ず満足出来るので、試しに非日常の世界を堪能してみてください。

私は生粋の真性M男です。 日常時から、街中ですれ違う女性たちに、辱めを受けるを妄想をして、興奮しています。 しかし、プライベートな性生活において、なかなか、M気質を発揮出来る場がありません。 なので私はよくSM専門店に通っています。


先日は、出張で行った大阪で、SM専門店に行きました。 ネットの評判では、そのお店は真性S嬢が揃っている、M男を御用達のお店とのことです。 店構えはあまり風俗店と感じさせない外観でしたが、中に入ると一店、M男の心をワクワクさせるような、サディスティックな雰囲気が溢れる内装です。


特に指名もなかったので、カウンターに女性の好みを伝えて、フリーでのプレイをお願いすると、やって来たのは、ワインレッドのボンテージがよく似合い、スラっとした女王様です。 正直は、私は一目惚れしてしまい。 一生お仕えしたいと感じてしまいました。 その女王様、陵辱プレイのテクニックも秀逸で、私は最高の辱めを受けながら大満足なご奉仕をさせていただきました。

このコスチュームの女性には、きっとこんなプレイが似合うというイメージ通りのプレイを提供してくれるのが大阪のSM系の風俗です。 ボンテージを着用した女性であれば、男性を踏み付けるプレイがぴったりだとイメージを私は持っており、その踏み付けプレイを中心に自分を責め立ててもらいました。


しかし踏み付けプレイを受けている内に思ったのが、腹部を少し蹴り上げるといった暴力的なプレイも受けてみたいという事です。 ボンテージを着用している女王様の美しい見た目を眺めている内に、もっとイジメられたいという欲求が湧いてきた為なのですが、女王様は自分を蹴り上げるプレイにも軽く応じてくれました。


蹴り上げるといっても思いっきり蹴るのではなく、股間や腹部を少し持ち上げる程度の力で蹴ってもらっています。 程よい力で股間を蹴り上げられると、痛みだけではなく性的快感も十分に引き立ててもらいます。 ボンテージの見た目にもぴったりのプレイで大変気に入りました。

ボンテージはエロさとカッコ良さが融合していて魅力的な衣装です。 これを大阪弁を話す女王様が身に着けると、より強く美しくエロく見えるのですから不思議です。 ここに鞭とロウソクが加わると、サディスティックな雰囲気が増して、M男としてはそれだけで股間が熱くなってしまいます。


大阪のSMクラブにいる私の女王様は、鞭の扱いに長けていて、適度や強さで叩いてくれるから凄く気持ちいいんです。 もちろん痛みはありますが、音が派手に鳴る割には痕もそれほど残りません。 この絶妙な匙加減に女王様の慈悲深い愛を感じてしまいます。


また、女王様はロウソクの温度調節にも長けています。 肌の強い足の裏などは少し近めから、肌の弱い睾丸やペニスには遠めからといったように、火傷をしない距離を常に保って刺激してくれるんです。 私が外回りの営業をしていることを知っている女王様は、翌日の仕事に影響が出ないように常に気を配ってくださります。 大阪のボンテージ女王様に、私は一生ついていきたいです。

大阪は西の中心的な繁華街であり、たくさんの風俗店があります。
SM系の風俗店もとても人気のジャンルとなっており、ボンデージ衣装の女性に憧れる男性も多いと思われます。
普段の生活では味わうことができないアブノーマル的な性を楽しむことができるのでとても人気のジャンルとなっています。
大阪でボンデージ衣装が素敵な女性がたくさん入店しており、プレイも充実したものと味わうことができるのでとても話題となっています。
SM系のお店にいる女の子の多くはアブノーマルに興味を持っている女の子でもあります。
今ではインターネット上にホームページをかまえているお店も多く、コンパニオンの女の子のプロフィールや趣味やブログを見ることもできるので人気です。
ホームページでみつけた趣味があいそうなコンパニオンの女の子がいる日に遊びに行って一緒にプレイを楽しむと二人でよりいっそう気持ちよく楽しむことができると思われます。
大阪にはたくさんのお店があつまっているのでさまざまなお店に行ってみることもおすすめです。

こてこてをアピールしている関西の風俗は、多くの人がその感覚を大事にしてプレイに興じることで成り立っています。


大阪は特に派手で奇抜なプレイが好まれますので、SMなど盛り上がりがあるプレイのほうが好ましいとする風潮があるようです。


そこで使われるボンデージは、SMプレイにおいて男性を拘束するのに使われます。


M性感などでは特に男性が自由を奪われ、言葉責めや寸止めなど、かなりきわどいプレイを強要され、犬と女王様のような関係になって楽しむのが一般的です。


特にノリのいい大阪だと、関西弁でののしられることになるので、ちょっとした異世界に来た気分になります。


そこで使われるボンデージは風俗嬢が使いなれた物で、危険性がないように万一のことを考えて外れやすいようになっていると、体感した人の感想を見たらわかりました。


安全性にもきちんと配慮したこの手のプレイでは、アブノーマルながらもみんなが危険性を排除したプレイを楽しんでいる様子が認められました。

こんにちは!生まれてこの方、地元大阪を離れた事がない生粋のなにわの商人40歳オヤジだす!私の趣味は競艇とSMです(笑)後者はあまり大きな声で言えませんが、オナニーをし始めた年代からすでに興味があり、現在に至る訳で御座います。

 

しかし拷問などのキツイのは避けてきたつもりですが、2年前から普通のSMでは満足出来ず、コッテコッテのSMにハマっている次第です。。。。

 

女王様のコスチュームにもこだわりがあり、ボンデージよりは、何故かアメリカンポリスのコスプレがお好みです。

特に私はペニスバンド(ペニスの張り形がついたパンツみたいなやつです)でガンガンとバックで突かれるのが好きで、いつもお世話になっている女王様に、手は手錠で拘束され、口にはギャグボール(ピンポン玉みたいなの)を咥えさせられます。

 

とても人に見せれる格好ではありませんが、鏡に映る自分の姿を見ると興奮してしまう程、変態で御座います(笑)さらに乳首には針を刺してもらう瞬間が、究極に興奮度MAXで刺さった瞬間に射精してしまう程です。1度はフィストといって、手のくるぶしまでお尻の穴に入れるプレイを試みましたが、さすがにまだまだ拡張が必要の様でした。一般の方には理解できないプレイかも知れません。

 

しかし拷問系のSMは女王様との信頼関係が密になるほどハードなプレイも可能で、やはり相性や合わないや信頼関係が浅ければ、ただ痛いだけなのです。1度、みなさんも良くご存じの三角木馬に乗せられた事があるのですが、その時は新人の女王様で無理をさせられ、お尻が裂けたこともあります。(さすがに病院に行くのは恥ずかしく1週間仕事を休みました)

 

そんな経験をしながらも、まだまだSMへの探究心は冷めず、大阪のSM店を制覇するのが私の目標です(笑)

ボンデージには様々な意味があり、一番馴染みのあるのはボンデージファッションではないでしょうか?

革やポリ塩化ビニール製の黒い服が思い浮かんだかと思いますが、

実はあの奇抜なファッションからは想像出来ないような意味が隠されていることはご存知でしょうか?

 

ボンデージとは本来拘束状態という意味であり、ボンデージファッションは、

そのSMプレイに利用される拘束具をファッションとしているのである。

奇抜なファッションではあるが、光沢のある素材を使用し綺麗なラインを強調させるため、

本来SM用に利用されるような服装がSMに興味や、そもそもSMに使われるものだと知らない方も、

そのファッションに魅了される方も多い。

 

ボンデージを使用するSMプレイとはどのようなものなのか?

拘束服であるのでやはり自由を奪い、Mの方に対して色々な行為を働くようである。

 

自由を奪われ色々な事をされると人間は自然と「やめて!止めて!」という言葉発するが、

それは本意ではなくプレイの一環であるのであるが、

その都度その都度手を止めてプレイを中断すると、もちろん場がしらけてしまう。

 

その為に本当にやばいと感じた時の為に合い言葉を決め、その言葉が出た時は必ず中断しなければならない。

私がその話を聞いた時は、あり得ないというかそこまでして何を求めるのか?

もちろん性的興奮が恐らく大半を占めるのでしょうが、私のような凡人には理解が出来ず、

また、ファッションにしてしまうあたりが怖さを感じてしまうのである。

 

ボンデージの本当の意味を知らずに、ただ単に格好良いからと思って着ている方が周りにいるのなら、

必ずこちらの話は教えてあげて頂きたい!

もし町を歩いていて、SM嗜好の方に勘違いされてしまうととんでもないことになりかねないからである。

先ごろ元バレリーナの女優がバストトップが浮き出た大胆なラバースーツを披露して話題になりましたが、SMに興味がなくても、あの格好には男なら誰でも興奮しますよね。
本来ボンテージとは、拘束状態を意味する言葉だそうです。
SMの場合、責められるM男(M女性)が拘束されるので、責めるほうの女王様が拘束衣装を着ているのもおかしな話ですね。というのも拘束の他に「締め付ける」とい意味もあり、アチコチを網やラバーバンドなどで締め付けられている衣装でも広義の意味で問題ないようです。
ネットで画像検索すると、こんなものまであるのか?と驚くばかりですが、スタイルのいい女性のビシッとしたボンテージ姿にはつい見とれてしまいます。(^^)
ひも状のラバーに鋲がついているものや、ところどころ網目でできているもの。中でもエナメルっぽいテカテカしたラバースーツが最高ですね!こうピチっと吸い付いたように体のラインが出て、スタイルのいい人しか正統派のラバースーツは似合わないような気がします。やはりボンテージに身を固めると心のSにもスイッチが入っていつもより興奮するんでしょうね。責められる側もキチンとボンテージされた女王様だと本気度の違いを感じますよね。愛を感じます。(^^)
色もやはり黒か濃い赤のラバースーツが白い肌とのコントラストを考えるとベストです。あくまで個人的な趣味ですが、おっぱいは見えてなくてもOKです。乳首がわかる薄さのものが好みです。
どちらかと言えば、生地は大きめでかなりの部分隠されているものがいいですね。わがままばっかりですいません。^^; ちなみにおっぱいは大きいほうがいいです。
ラバースーツが似合うピリッとした女王様探しの旅は、まだまだ続きます。

 

先ごろ元バレリーナの女優がバストトップが浮き出た大胆なラバースーツを披露して話題になりましたが、SMに興味がなくても、あの格好には男なら誰でも興奮しますよね。

 

本来ボンテージとは、拘束状態を意味する言葉だそうです。

 

SMの場合、責められるM男(M女性)が拘束されるので、責めるほうの女王様が拘束衣装を着ているのもおかしな話ですね。というのも拘束の他に「締め付ける」とい意味もあり、アチコチを網やラバーバンドなどで締め付けられている衣装でも広義の意味で問題ないようです。

 

ネットで画像検索すると、こんなものまであるのか?と驚くばかりですが、スタイルのいい女性のビシッとしたボンテージ姿にはつい見とれてしまいます。(^^)

ひも状のラバーに鋲がついているものや、ところどころ網目でできているもの。中でもエナメルっぽいテカテカしたラバースーツが最高ですね!

 

こうピチっと吸い付いたように体のラインが出て、スタイルのいい人しか正統派のラバースーツは似合わないような気がします。やはりボンテージに身を固めると心のSにもスイッチが入っていつもより興奮するんでしょうね。

責められる側もキチンとボンテージされた女王様だと本気度の違いを感じますよね。愛を感じます。(^^)

 

色もやはり黒か濃い赤のラバースーツが白い肌とのコントラストを考えるとベストです。あくまで個人的な趣味ですが、おっぱいは見えてなくてもOKです。乳首がわかる薄さのものが好みです。

どちらかと言えば、生地は大きめでかなりの部分隠されているものがいいですね。わがままばっかりですいません。^^;

ちなみにおっぱいは大きいほうがいいです。

 

ラバースーツが似合うピリッとした女王様探しの旅は、まだまだ続きます。

 

痴女が住む街・・・!?

 

こんな街を不動産屋&賃貸サイトや雑誌で検索してもヒットする訳が無い!!

しかし、実際・・・痴女が住む街は必ず、存在する。

 

そんな街に偶然にも住んでいた人の話!!

 

 

痴女が住む街!!

古くから有名なソープランドが数多く存在する風俗街と夜と昼の雰囲気が全く違う飲食街が密接な位置に在る【K駅】。

そんな【K駅】周辺の大手レンタルビデオ【T】でバイトをしている僕に、痴女が微笑んだ。

ここはビッグステーションのド真ん中、有名レンタル【T】の店内!!

 

レジを交代し、大量に返却が有ったAV作品を基に戻す為、AVコーナーの中へ・・・。

通常では、女性が1人で入る事が余りないAVコーナー・・・。そんなAV オンリーな一角で彼女は1人黙々とAVを物色し、佇んでいた。

女性が1人でAVを物色している、AVコーナーなどは非常に珍しい為、少し緊張しながらAVを全て返却!!AVコーナーから出る時、佇む彼女と目が有った・・・可愛い!!

恥じらいと好奇心を押し殺しながら、レジに戻る!!

 

AVコーナーの彼女が、DVDを入れる籠一杯にDVDを借りてきた・・・!?

レンタルを希望で、商品数の合計は12本!!

 

驚くのはまだ早い、何と全てAV作品ではないか・・・!!

 

変な汗と緊張がレジの彼を襲う・・・!?

しかし、御客様は御客様・・・差別なく通常のレンタル手続き開始!!

スキャナーでDVDを1枚1枚読み込む・・・読み込むと、レジ画面にタイトルが表示される!!

男の心理なのか、無意識のうちになのか・・・彼女が借りるAVのタイトルを目で追ってしまう・・・。

 

・・・ピ!!

みなさんの中で、普段の性生活に満足している人はどれだけいますか?

 

私は付き合いはじめて5年くらいになる彼女がいて、そろそろ30に近づいているのもあり、お互いにそろそろ結婚しようかと考えているところです。

・・・ですけど、夜の営みがマンネリ化しだし、付き合い始めのころは暇があれば合体するような、まるで猿のような生活を送っていたのが嘘の様ですw

あのころは特に何かあるわけでもなく、お互いがお互いの身体を求めていましたが、5年も経った今となっては、月に一回あればいいところ。

仕事の都合で家に帰る時間が遅い日が続くと、そのまま数か月ないときもありました。

 

そんな時、たまたま同僚が誘ってくれて行ったM性感のお店に行ったときに、ボンテージ姿の女王様を見た時に、今まで忘れていた何かを思い出すような感覚に囚われました。

元々SかMかで聞かれたら、はっきりとMだと思っているのですが、鞭でしばかれるのや、蝋燭で炙られるところを想像すると、いざ行こうと思っても中々足が進まなかったのです。

 

今回行った所はどちらかというと、M性感でもだいぶソフトなところなのか、お姉さんが言葉責めを行いながら手で抜いてくれるようなところでした。

ですので、ハードな攻めはされなかったのですが、僕の心の中にはぴっちりしたボンテージから伸びるすらっとした足の印象が強く残り、帰宅後すぐにインターネットの通販ページをアクセスしていました。

 

探してみるとたくさんの衣装が、以外にも安く販売されていて、試しに一つ購入してしまいましたw

数日後に届いた荷物を確認し、彼女にちょっとお願いをしてきてもらう事に・・・

最初は乗り気ではなかった彼女も、ちょっとアブノーマルな格好と僕の興奮具合をみて、自分自身も興奮したのか、いつもより激しく求めてきました。

 

今では様々なコスチュームプレイを楽しんではいますが、やっぱり僕のお気に入りはというと、M性感のお店で衝撃を受けたあのボンテージ姿でした。

私が出会ったボンデージについてご紹介しようと思います。例えばSMクラブで働かれる方や、M性感で働かれる方の多くは、一度は着用したことがあると思うボンデージですが、男と女では、ボンデージの選び方が全く違います

 

男性受けというよりもお客様受けを考える職業ボンデージ愛用者の方には、是非男性の好きなボンデージを知っていただきたいと思います

 

ボンデージの種類についてですが、私の知っているボンデージには4種類あります

 

まずは、ズボン型のボンデージ

 

次に、ハイレグ型のボンデージ

 

そして、スカート型のボンデージ

 

最後に、ショートパンツ型のボンデージ

 

以上の4種類です。色は大きく分けて2つ。黒と赤です

 

その中でも私が大好きなボンデージの種類は、2番目に挙げた「ハイレグ型のボンデージ」です

 

ボンデージ着用の際には、光沢パンストなどを着用し(もちろん、中はノーパン)に食い込み気味みのハイレグボンデージを着用すると素敵だと思います

 

時折、ボンデージの下に下着を着用している女性がおりますが、ボンデージのデザインの隙間から下着が見えますと、正直興奮が冷めます

 

ボンデージとは、一般的には女王様が着用するものというイメージが強いですが、今は可愛いビスチェのようなボンデージ風の下着も販売されており、白やピンクの可愛いものがたくさんあります

 

そういったものであれば、女王様だけでなくM的思考の強い女性が着用しても問題ありませんし、普段とは一風変わったSEXライフをパートナーの方と楽しめると思います

 

ボンデージと一緒に手に入れたいアイテムとしては、手袋などもあります

 

あとはロングブーツなど、エナメル素材のボンデージには、エナメル素材やラバー素材の小物をプラスすると、より一層ボンデージが引き立つと思います

何時からでしょう。。。ボクがボンデ―ジを装着するのもさせるのも好きな変な性癖がついたのは、、、

 

まず最初にボンデ―ジとは説明なんて不要だと思いますが一応説明させて頂きます。

ボンデ―ジとはよくSMプレイなどで良く見るあれです!!エナメルのあれです!!(笑)

極端に言えば手足を拘束する器具の総称や手足を縛り上げてプレイすること述べます。

まぁウィキペディアにも書いてありますが、このボンテージはやはりM側の人間をいたわらないと重大な事故になりかねない遊び方ですので予め本当に辞める時の合図をお互いに決めなければなりません。

一度私はそれを怠ったためにもう少しで相手を目覚めぬ人にさせる所でした。

皆様も気をつけましょう。

 

今回私が案内したいのは最近周りでボンデ―ジが流行り始めているのですが、この合図を決めずノリと勢いで初めてしまい、やはり重大な事故に繋がってしまってるということです。

まぁ確かに性については若気の至りな部分も少なからずありますが、やはり命は大事にしないといけないですよね(笑)基本だと思います。

このボンデ―ジは装着してもらうと快感のレベルが一気に上がりますが少し慣れてきている人に装着して貰うと妙に雑と言うか痛いだけの場合もあるんですよ。

そんな時はめちゃくちゃ怖いので、即中断してもらいます。まぁ止めてくれない人が大半ですが・・・(笑)

 

皆様も体験したいのならば、ソフトなSMのお店に行った方がいいと思います。

私も最初はお店に出向いて初心者コースから経験してきました。

やはり一応慣れているプロの方に色々聞いたほうが自分のためにもなりますし、しっかり知っていなければならないことは知っておりますので気持ち良いし知識も増えます。

しかし、お店によっては希に本気モードの場所もあるのでしっかり下調べした方がいい場合もありますのでお気を付けて選んでくださいね☆

ボンテージ、好きな人には堪らない、そうじゃない人には全く興味が無いこの一品、今日は好きな人の為に1つ語らして下さい。

ボンテージなんていい響きなのでしょうか、あの艶々とした質感はみるものを虜にさせてくれますし、昔私が見た極上の品は光沢感があり過ぎて自分も顔がなんとそのボンテージに移るほどでした。またあの手触りときたらテカテカ、つるつるでありましてこれも指にしっとりと吸いつくような触感がまた堪りません。

 

勿論ボンテージだけではなにも興奮はしませんゴムです。

 

内側にしっかりとまとわりつくあの女性独特のフォルムあってこそですし一皮むけば生身の人間がいるからこそのこの興奮、ボンテージの隙間から見える肌色が無いとやはり味気ありませんし、それだからこその女王様、それだからこそのボンテージ!

と一言に行っても種類はたくさんありますし多くを露出したデザインやそれこそ顔全体まで大手居るデザインなど様々ですしフェチの人間はとことんまでこだわりますので友人も何枚かオーダーメイドで作ってるいるものです。

 

わかります、知らない人が見たら全く性的興奮も沸きませんがオーダーメイドの出来栄えたるや余分な部分が全くなく全身ぴったりとしわさえないその状態はフル勃起ものでクローゼットにいつもこちらも特注のカバーに入れて保管してあります、何しろ使い方や用途によって汚れが付きやすく、折角の極上の一品を台無しにしかねません。

 

完全防水な所も好ポイントです!外側の水分は綺麗に流れ1枚中は汗に蒸れているのだからもうたまりません。

これこそがエロの凝縮と言わざるを得ないのでは無いでしょうか。

色々と書かせていただきましたがわかってくれる人だけがわかって頂けたらいいのです、様々ですから人のフェチなんてものは。

ボンデージ大好きです!黒光りする革・ラテックスなどの光沢のある衣服に身を包んだ女王様のお召しになっている姿がたまりません。ボンデージとはそもそも「拘束状態」という意味の英語だそうです・・・拘束されるのも大好きですけど(笑)

日本では?SMプレイに使用される衣服のことを指すような解釈で一般化しているのではないでしょうか。私の嗜好的な解釈にすぎませんかね。

 

いじめられる側を演じるのが好きな私ですが、ある時、そもそもSMプレイとは何か?と考えてしまったんですね。

調べてみると、プレイには体感させるものと精神コントロールする主に2種類あるとありました。

 

体感とは文字通り、縄で縛ったり鞭で叩いたりなどするプレイ(わたしが好んでおこなっていただくプレイ)。

そして精神コントロールは相手の精神状態の把握とそれに附随する命令発言をする事により、 相手の精神をコントロールするプレイ。とありました。

この2つが合わさり初めてSMプレイとなるということらしいです。なんだか奥が深そうです・・・精神論までいくのでしょうか。

 

調べてみて精神的にはやはり女王様に支配されているんですね。叩かれて気持ち良いんです!

凌辱されて気持ち良いんです!精神が深く結び付いてるんですね。

女王様への献身的な信頼がなければ気持ち良いと思えるだろうかと考えると、難しいです。信頼関係あってこそSMプレイが成立していたんですね。新たな発見で驚きました。

 

そういう意味では私の志向に女王様が合わせてくださっているわけで、擬似的であれ私と世界観を共有してくれていることに改めて感謝しなければならないと思うわけです。まだまだ語り足りませんが、肉体と精神の解放・・・これが大事ですよ。

最近SMプレイに興味が有り大阪に行った時に、ボンデージ衣装を買おうとショップを回りました。

流石大阪!!衣装の品ぞろえも充実していますので見ているだけでテンション上がります。

私がSMに興味を持ったキッカケになったのは、ボンデージに興味があったからです。

 

何でボンデージ・・・?

 

だってカッコイイじゃないですか、女性が全身ボンデージスーツを身に付けると、とてもセクシーです、まるでマネキンのように無機質で人形の様で興奮します、黒く光沢のある質感がたまりません、見ているだけで時間が過ぎてゆきますし興奮致します。

今回大阪で購入したものは彼女にプレゼントするために全身スーツとマスク&ムチを土産に致します。

SMのスタイルはソフトなもので痛い汚いプレイだしていませせん、しかし内容は大分変わって来ています。

私もパートナーも徐々にエスカレート傾向有り最近では縛りを練習・研究中です!!

 

本日大阪で購入したコスチュームを早くパートナーに着用させてみたいですね。

スタイル抜群の身体に全身ボンデージスーツ想像しただけで生唾もんです(笑)

早くプレイしたい思い満載で帰宅しようとしたのですが、せっかく大阪に来ているのだから、大阪の秘密のクラブをのぞいて行こうと思い大阪で有名なお店に潜入、お勉強です!!

パートナーとのより良いプレーの為のお勉強の為にSMクラブに寄ってみました。(笑)

 

店内は黒と赤が基調の内装で雰囲気抜群のスペース・プレイルーム、入店しただけでワクワクしてきます。

受付をすませプレイルームに案内されると気分はもうMAXですいよいよプレイ開始です。

どんなプレイが勉強できるのか楽しみで楽しみで仕方が有りません。

詳しい内容は次回報告いたします。

大阪のSMクラブに通い続けて数十年経ちますが、最近はボンデージルックが流行しています。

以前は本革の本物志向の高級品しかありませんでしたが、最近は廉価なレザータッチのビニール製などが出回り数千円で全て揃ってしまうほどリーズナブルになりました。

色もカラフルになり黒一色の地味な、暗い雰囲気でしたが、ピンクや、ヒョウ柄など若い女の子にも受け入れやすい可愛らしいモノが多くあります。

 

先日SMグッズの展示会に行く機会がありましたので、中を覗いてみると若いカップルがお揃いのボンデージルックを着て見に来ていました。

SMに興味があるのか、ファッションが好きなのか分かりませんが随分と庶民に受け入れられるようになったものだと関心をしていました。

 

それでも元来秘められた場所で、こっそりと楽しむはずのSMがオープンになってしまうと魅力が半減してしまいます。

年配の方が、本物のボンデージに身を包み、パーティなどに来ていると迫力があります。

遠くから見たときの艶、近くで見ると肌にフィットしていて、触れるとしっとりとして手にはりつくような感触はビニール製の廉価版には出せない風合いでは無いでしょうか。

 

いつの時代も、どのような世界にも本物と模造品とがありますが、模造品が決して本物を抜くことはできませんし、本物にしか出せない魅力を真似することはできないのではないでしょうか。

 

今回私も同伴した女王様とセットの本革性の高級ボンデージウェアを購入しましたので、これをつけて辱められている自分を想像するとたまらなく興奮してきます。このセットがしっとりと肌になじむまで多少の時間がかかりますが、いつの日か肌に吸い付くようなしっとりとした完成品にいあげたいと思います。